君がいる、いた、そんな時。|MOVIE WALKER PRESS
MENU

君がいる、いた、そんな時。

2020年6月13日公開,85分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

広島県呉市を舞台に、不器用に生きる小学生2人と新任司書が織りなす人間ドラマ。クラスでいじめられているフィリピン人と日本人のハーフの正哉は、新任司書・祥子と過ごす図書室をよりどころにしていた。ある日、正哉が図書室に行くと、同級生の涼太がいた。監督は、「父の愛人」の迫田公介。出演は、「映画 としまえん」の小島藤子。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

君がいる、いた、そんな時。

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

フィリピン人と日本人のハーフの少年、小学6年生の岸本正哉(マサマヨール忠)は、クラスのいじめっ子たちから何かにつけてちょっかいを受けている。自分がハーフだからしかたないと諦め、抵抗することなくやり過ごしていたが、優しく見守ってくれる新任司書の山崎祥子(小島藤子)と過ごす図書室を学校でのよりどころにしていた。正哉と同じクラスの放送委員の香山涼太(坂本いろは)は、DJカヤマと称して必死で校内放送をしていたが、皆に不評で空回りしており、クラスのなかでも浮いている存在だった。ある日、いつものように図書室に行った正哉は、涼太が祥子と楽しそうに話しているのを見つける。正哉はおもしろくないが、マイペースな涼太は企画している特別放送に二人を巻き込もうとする。正哉は乗り気ではないが、祥子は涼太の企画を手伝うという。祥子にはある秘密があり、その秘密を目にした涼太は、「僕には話してくれた」と正哉に話す。涼太の小さな嘘に、正哉は「僕には話してくれなかった」と傷つく。特別放送の日、とんでもない企画を実行した祥子は謹慎処分となる。そんな祥子を励まそうと、正哉と涼太はある計画を立てる……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
日本
配給
とび級プログラム
上映時間
85分

[c]とび級プログラム [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?