ダウントン・アビー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ダウントン・アビー

2020年1月10日公開,122分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

2010年に放送開始し、ゴールデングローブ賞やエミー賞などに輝き、世界中で大ヒットしたテレビシリーズを映画化。ドラマ版の最終回から数年後、英ヨークシャーにある壮麗な大邸宅“ダウントン・アビー”に国王夫妻の訪問が告げられるところから物語が始まる。シリーズの生みの親であるジュリアン・フェローズが脚本を手掛け、ヒュー・ボネヴィル、マギー・スミス、エリザベス・マクガヴァンらドラマ版のキャストが集結。

予告編・関連動画

ダウントン・アビー

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

20世紀初頭、グランサム伯爵家が暮らすダウントン・アビーに、ジョージ5世国王とメアリー王妃が訪れることに。邸宅を切り盛りする長女メアリーは、引退した元執事カーソンに助けを求め、晩餐会の準備に追われる。だが、下見に来た従者たちは、夫妻の世話や給仕はすべて自分たちが行うと告げ、使用人たちを落胆させる。一方、何十年も音信不通だったメアリー王妃の侍女モードと、先代伯爵夫人バイオレットの間では、屋敷や財産の相続問題が勃発する。

作品データ

原題
Downton Abbey
映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
イギリス=アメリカ
配給
東宝東和
上映時間
122分

[c]2019 Focus Features LLC and Perfect Universe Investment Inc. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    お水汲み当番

    3.0
    2020/7/19

    映画が始まる前に、テレビドラマを観て来なかった人のために登場人物の解説が入るという、親切なのか、それともワケワカメな本編であることを制作者自身が自覚しているのか、という映画です。

    凝った衣装や、1920年代後半の英国貴族たちを演ずる俳優たちを楽しむ意味では興味深い作品だと思いますが、なんせストーリーがテレビドラマを踏まえており、「グランサム伯爵一家の側に観客が感情移入しているはず」という前提でドラマが組み立てられているため、特に感情移入を持たずに観た観客の目には、なんじゃこりゃというしかない薄味のお話に終わってしまっていました。

    ※告知※ 今後、私のレビューは「映画コム」のほうに順次移行し、ムービーウォーカーに書いていたものは、移行終了後に削除することにしております。ご了承ください。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ひろ

    5.0
    2020/4/4

    ダウントンアビーの映画ってどんな風になるんだろうと思っていたけど、めちゃくちゃ良かったです!さすがだなぁと。終盤のGranny(バイオレット)の言葉が印象に残りました。

    違反報告
  • rikoriko2255

    りえとみ

    5.0
    2020/1/31

    また続編を期待しています!

    違反報告
  • rikoriko2255

    5.0
    2020/1/15

    めちゃめちゃハッピーエンド!最高!

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    3.7
    2020/1/11

    本人達にとっては一大事を乗り越え、少し前に進む。人生はこんなことの繰り返しなのだ。

    違反報告