ファイティング・ファミリー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ファイティング・ファミリー

2019年11月29日公開,108分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

WWEの女性プロレスラー、ペイジの実話に基づくドラマ。イギリス北部ノーウィッチでレスリング・ジムを営むナイト一家の兄妹ザックとサラヤは、WWEのトライアウトに参加する。そこで妹のサラヤだけが次のステージへと進み、一人でフロリダへ行くことに。出演は、「トレイン・ミッション」のフローレンス・ピュー、ドラマ『ゲーム・オブ・スローンズ』のレナ・ヘディ、「ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!」のニック・フロスト、「ふたりの女王 メアリーとエリザベス」のジャック・ロウデン、「ロスト・ワールド ジュラシック・パーク」のヴィンス・ヴォーン。また、製作を務めた「ワイルド・スピード」シリーズのドウェイン・ジョンソンが本人役で出演している。監督・脚本は、ドラマ『The Office』を手掛け、本作が劇場用長編第1作目となるスティーヴン・マーチャント。

フォトギャラリー

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

イギリス北部ノーウィッチでレスリング・ジムを営むナイト一家は、レスリングによって結束している。中1のときからリングに立ち、特にレスリングを愛する18歳のサラヤ(フローレンス・ピュー)は、ジムに通う子どもたちにレスリングを教えながら、いつかWWEの試合に出て一家を盛り上げたいと願っていた。兄ザック(ジャック・ロウデン)もプロレス好きだが、愛する彼女と結婚し、普通の家庭を持ちたいという夢もあった。そんな兄妹がトレーナーのハッチ(ヴィンス・ヴォーン)に誘われ、WWEのトライアウトに参加する機会を得る。そこで尊敬するドウェイン・ジョンソンと対面した二人は、大喜びでトレーニングに勤しむが、サラヤだけが次のステージに進み、フロリダに行くことに。サラヤは兄と一緒に行きたいと言い張るが、ザックは家族みんなのために一人でも行ってほしいと説得する。しぶしぶ承知したサラヤは、リングネームを“ペイジ”に決め、家族と離れて渡米する……。

作品データ

原題
Fighting with My Family
映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
アメリカ
配給
パルコ
上映時間
108分

[c]2019 METRO-GOLDWYN-MAYER PICTURES INC., WWE STUDIOS FINANCE CORP. AND FILM4, A DIVISION OF CHANNEL FOUR TELEVISION CORPORATION. ALL RIGHTS RESERVED. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    Tkas

    5.0
    2019/12/13

    主役の兄に自分を重ねてしまいました。
    努力と挫折、心の葛藤、家族の愛、絶妙に描かれた絶品ヒューマンドラマです。
    泣いた・・・やるな‼️ドゥエイン・ジョンソン‼️

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2019/12/7

    観る前は若干馬鹿にしていた。
    そもそもプロレスに興味がなく一家揃ってプロレス、いつ何時だってプロレスで日々切磋琢磨しWWEのおーディションに腰が引ける。

    その出来事から兄妹のそれぞれの葛藤からいろんなことが派生する立派な人間ドラマになっていた。実話って言うんだから、泣かせるじゃねぇか!

    全くルールがわからないがプロレスにはストーリー性や技、倒れ方とかルールがあるそうな。それでも流血とか怪我するよねぇ。
    ペイジは本物志向なのでビジュアルで売ろうなんておもっていない、ゆえに迷う羊になった時のイメチェンはちぐはぐだった。
    女性プロレスラーはモデル張りの体型や美しい人が実際も多いのだろうか。彼女たちが血だらけになることはあるのだろうか。

    一家主軸で話は進むが、Vボーンってああいう役のちょっとした演技が光るよな。で、D.ジョンソンである。相変わらず決め顔だぜ。プロレス界のレジェンド、その栄光が眩しい。

    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    4.0
    2019/12/6

    ロック様が、ロック様役で出演に興奮しつつ。

    あまりプロレスに詳しくない私にも、このファミリー実話は共感できて、面白かった。
    求められる役割を分析しつつ、自分のやりたいことをすり合わせ、最大限の努力をする。
    その中には、共に夢を目指すライバルたちを認め、高め合うことも必要、などなど普遍的な教訓もたっぷり。
    前半に時間をかけた割に、ラストが駆け足すぎる気はしたものの、なかなかの出来。

    違反報告
  • rikoriko2255

    regency

    3.0
    2019/11/14

    スポーツは「筋書きのないドラマ」だが、プロレスは基本的に「筋書きのあるドラマ」。
    本作の製作に絡んでいるWWEは、そうした内実を全てオープンにしているため、筋書きやマイクパフォーマンス、レスラーの役割である“ジョブ”の在り方まで堂々と出しているあたり、さすが世界一のプロレス団体。
    『レスリング・ウィズ・シャドウズ』で、ブレッド・ハートが「相手にパンチをしても血が出ないのは何故か?そこにアートがあるからだ」と語るように、本作からは「プロレスをナメるなよ」という大いなるプライドを感じる。

    実在の女子レスラー、ペイジの半自伝にして、あらすじ展開はボクシング映画『ザ・ファイター』とよく似ている。ただ、どうしようもないほどのボンクラ揃いだった『ザ・ファイター』の家族より、こちらはまだ温かみが…いや、そう大して変わらないか。
    周囲から疎外されていると感じるペイジが、実は自分こそが周囲を疎外していたという展開が上手い。こうした描写からも、安易にレスラーを悪く描かないという姿勢が感じられるし、コーチ役のヴィンス・ヴォーン(相変わらずイイ味出してる)の言葉「WWEを目指す事が人生の全てではない」にも重みがある。

    ただ、スポーツを題材にした映画の中でも、プロレスが特に難しいのは、やはり「筋書きのあるドラマ」故に、どこに感動のポイントを持ってくるか。
    そのせいかクライマックスの試合も、「でもこの試合も…」という先入観に加えて取ってつけた感があり、素直に感動しにくいのが痛し痒しなところ。
    かといって、大傑作『レスラー』のような結末はあまりにも悲しいし…
    いろんな意味で、プロレスって奥が深く、難しい。

    違反報告