羊とオオカミの恋と殺人|MOVIE WALKER PRESS
MENU

羊とオオカミの恋と殺人

2019年11月29日公開,103分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

スプラッター・ラブコメディ漫画『穴殺人』を、「居眠り磐音」の杉野遥亮と「4月の君、スピカ。」の福原遥のW主演で映画化。自殺志願の黒須が壁にあいた穴を覗くと、隣人・宮市の生活が丸見えに。宮市の虜になるが、ある日彼女の殺人現場を目撃してしまう。監督は「女の子よ死体と踊れ」やドキュメンタリー「RADWIMPSのHESONOO Documentary Film」などを手がけた朝倉加葉子。自殺志願の男と美しき殺人鬼の恋愛模様を綴る。

予告編・関連動画

羊とオオカミの恋と殺人

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

大学受験に失敗し予備校をやめてしまい引きこもっている黒須(杉野遥亮)は、ライフラインも止められてしまい、絶望。首吊り自殺を図ったもののあえなく失敗してしまうが、その弾みで壁に穴が開き、そこから隣人・宮市の部屋が見えるようになる。その日から穴から宮市の生活を覗き見るようになり、黒須は彼女の虜になっていった。しかし彼女が部屋で人を殺す凄惨な現場を目撃し、思わず声を上げてしまう。覗き見ていることが見つかり、黒須はつい宮市に愛を告白。殺されるかと思いきや、彼女と付き合うことになる。アルバイトを始め、宮市とデートをし、彼女の手料理を食べ、幸せを噛みしめる黒須だったが、宮市はデート中だろうが構わず殺人を犯し……。

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2019年
製作国
日本
配給
プレシディオ
上映時間
103分

[c]2019「羊とオオカミの恋と殺人」製作委員会 [c]裸村/講談社 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    5.0
    2020/3/12

    【賛否両論チェック】
    賛:“殺人”を通して愛や人生を問う、異色の内容が魅力。
    否:グロシーンが多いので、苦手な人には向かない。設定や展開もご都合主義で、かなり無理もある。

     全てを失い自暴自棄になった黒須が出逢った、清楚な殺人鬼・宮市。そんな2人が織り成す不思議なラブストーリーは、さしずめ“殺人”という超非日常的なものを通して、「本当の愛とは?」「本当の自分とは?」といった問いかけを描いているようで、思わず惹き込まれてしまいます。
     殺人鬼なのに笑顔を絶やさず、それでいて殺しの時は凄みをも感じさせる宮市のキャラクターも、とっても魅力的です。福原遥さんの怪演が光っています。
     勿論グロシーンは結構ありますし、ストーリーもかなり無理がある感じではありますが、他では観られない異色の恋愛映画ですので、是非チェックしてみて下さい。

    違反報告