ミッドサマー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ミッドサマー

2020年2月21日公開,147分
R15+
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『ヘレディタリー/継承』で長編デビューを果たした新鋭アリ・アスター監督が、自ら脚本も手掛けた異色スリラー。家族を事故で亡くしたダニーは、恋人や友人と共にスウェーデンの奥地にある楽園のような村を訪れたことで、異様な事態に見舞われる。『ファイティング・ファミリー』のフローレンス・ピューがダニーを演じるほか、『シング・ストリート 未来へのうた』のジャック・レイナーや『デトロイト』のウィル・ポールターらが出演。

予告編・関連動画

ミッドサマー

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

不慮の事故で家族を亡くした大学生のダニーは、スウェーデンの奥地で開かれる“90年に一度の祝祭”に、民俗学を研究する恋人や友人たち5人で訪れる。そこは太陽が沈まない“白夜”の村で、優しい住人が陽気に歌い、美しい花が咲き乱れる楽園のような場所だった。しかし、しだいに不穏な空気が漂い始め、ダニーは想像を絶する悪夢に襲われる。

作品データ

原題
MIDSOMMAR
映倫区分
R15+
製作年
2019年
製作国
アメリカ
配給
ファントム・フィルム
上映時間
147分

[c]2019 A24 FILMS LLC. All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    ダメダメ2号

    0.2
    9日前

    観ていて胸糞悪い映画だった
    カルト宗教的なところも嫌だしストーリーもよくわからん
    映画館で観なくて正解だった

    違反報告
  • rikoriko2255

    ぴすたちお

    3.0
    28日前

    グロい。観終わった後は何とも言えない気持ち悪さが残ります。
    好きな人は好きかもしれない。

    違反報告
  • rikoriko2255

    にくきゅう

    -
    1ヶ月前

    必要な情報をコンパクトにまとめて、ひたすら不安を煽る描写に極振りしたやつ。
    怖くはないがしんどい。「親が宗教やってた」とかだと気持ち悪いほど理解できてマジでしんどい。
    日本と海外では宗教観が全く違うので、わかりにくい描写もあるんじゃないかなとは思った。

    違反報告
  • rikoriko2255

    マッツ・ミケルセン

    4.0
    2021/3/31

    意味不明で気持ち悪いの一言。

    違反報告
  • rikoriko2255

    2.0
    2021/2/8

    2021.2.8.鑑賞 キネマ旬報ベストテン外国映画2020年第17位59点 読者選出ベストテンだ緒10位4167点 これはホラー映画なんだろうか?

    違反報告
  • rikoriko2255

    門倉カド(映画コーディネーター)

    1.0
    2020/5/14

    【賛否両論チェック】
    賛:作品の心温まるような静かで明るい描写と、ストーリーの不気味さのギャップがとにかく恐ろしい。ラストのカオスは本質的な恐怖をかき立てられる。
    否:その雰囲気に反し、過激なラブシーンやグロテスクなシーンが多いので、苦手な人は観られない。物語の趣旨や主張もよく分からず、消化不良感も残る。

     意外に思われそうですが、レーティングはR-15指定で、かなり過激なラブシーンやグロシーンがありますので要注意です。
     それもそのはず、この作品の大きな特徴であり、その恐怖の根源ともなっているのが、作品から受ける雰囲気と実際の展開とのギャップです。豊かな自然の中、彩り鮮やかな緑と穏やかな人々に囲まれた、静かなスウェーデンの山奥の村。本来であれば心安らぐはずのそんな空気の中で、ダニー達が祝祭について知っていくうち、次第にその静寂が安らぎではなく、不気味さへと変わっていくのが印象的です。そしてその不安に呼応するかのように、後半で一気に畳みかけられるカオスな世界には、観ていて思わずついていけなくなるというか、ただただゾッとさせられてしまいます。
     ただ逆に言ってしまうと、そのギャップからの恐怖が故に、物語の伝えたいこともよく分からないまま、何となく観終わってしまう感も否めません。また、
    「これは・・・こういうことだったのかな?」
    と自分で類推しなければいけない部分も多く、消化不良感も残ります。
     作品の雰囲気からは想像しづらいですが、どちらかというと、ホラー映画やスプラッター映画好きな方向けの作品といえるかも知れませんね。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2020/5/8

    意味不明

    違反報告
  • rikoriko2255

    おやじ

    4.0
    2020/4/6

    序盤の何気ない会話シーンや車での移動シーンでも観ているだけで不安になる演出が多く興味深かったです。内容も好みは別れますがカルト文化に焦点を当てたカルトホラーとして非常に面白かったです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    YSK

    4.3
    2020/3/31

    センスの塊。世界は広い。

    違反報告
  • rikoriko2255

    元電気メーカー社員

    2.0
    2020/3/20

    確かに、美術は凝ってますけどね。

    内容的には陳腐なB級ホラー。よほど暇を持て余している人にしかお勧めできません。
    だいたい脚本の仕上がりがあまりに雑。主人公が、問題の村への旅行に誘われるまでに展開される、家族の深刻なトラブルが、結局何の布石にもなってない。冒頭の数十分が無駄になっている。

    強いて褒められる点があるとすれば、昔なら、文明から切り離された、未開の有色人種の村を舞台に描かれるような話を、白人社会の田舎の出来事として描いている(つまり無用な差別を排した)点。あと、その風習の残酷さを、異質な文化というより、ドラッグに支えられたカルトのように、つまり白人社会にありそうな話として描いている点。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ヤマグチ

    5.0
    2020/3/6

    監督の実体験を元に作ったと言っているのが恐ろしい。

    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    3.0
    2020/3/4

    日本でも小さな村で、余所者をどんどん手にかけるミステリーやホラーは量産されてきたので、新鮮味を覚えませんでした。

    Twitterでは、「金田一耕助のこない八つ墓村では?」「上田と山田と矢部が出て来ないTRICKでは?」なんて言っている人も見かけましたがw

    内容的にはドラッグと殺人儀式を伝承する、カルト宗教の村へ足を踏み入れた、大学で民俗学を研究するアメリカの若者たちが、ベタな展開で殺されていき、しかし悲惨な過去をもつ女の子は逆に村にシンクロして堕ちていく……
    という、ホラーテイストのスリラー。

    海外だけに、『死霊のはらわた』『食人族』的な人体損壊描写あり。
    作中にある自殺のシーンなどはショッキングなので、こういうのに耐性がない方、もしくは感受性が強くて自殺に共鳴しちゃう方には、精神的ダメージが大きいと思います。

    アリ・アスター監督は、前作『ヘレディタリー 継承』同様に不気味さ、気持ち悪さの画作りとカメラワークは素晴らしく、この映像美で人を惹きつけ、本作はカルト的人気が出る可能性が高い。

    だが、私にはもはや二作目にして、パターン化した陳腐さに感じられてしまいました。
    途中から飽きたし、苦笑の連続になってしまったのです。
    ゲラゲラ笑うほどじゃないけど、「あー、またかよ」と。
    自分の口には合わなかった印象でした。

    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2020/2/29

    予告というかチラシというか、ホラーというジャンルらしいが、本編を観る前まで内容が全くわからない。
    北欧の夏至祭り、中身は別として、本当にあんな花の冠をかぶり、民族衣装を着てまじないのようなことがあるらしいと、観た後に知って、ぞっとした。

    本編では90年に一度、人生でお目にかかれるかどうか。機密なら本当にあるのではないかとやはり振り返ってしまう。ホラーは大概「ジェイソン」のようなスプラッターかゾンビ系、あるいは「サスペリア」のようなもの、これは断然後者。

    身内からはあまり生贄を出したくないんだな。カルト集団は信じて疑わないから尋常なく厄介だ。そもそも仲間内のこの土地出身者の彼が悪い。友達の振りをして吟味してたに違いない。田舎風景のなかに色彩とホラー、絵画もとんでもない。

    目がチカチカするのは四六時中白夜映像だったからか、夜はしっかり太陽が沈まないとアドレナリンがずっと出ずっぱりになって人間やばいと冷静に考える。うん、ものすごい疲労感…

    違反報告
  • rikoriko2255

    飛ばない鳥

    1.0
    2020/2/26

    予告編に惹かれて観てみると、とんでもない映画でした。
    私にとっては、悪趣味そのものでした。
    ドタバタでもないし、なんなんだこれは。

    違反報告
  • rikoriko2255

    杉ちゃん

    4.0
    2020/2/24

     昨年、本国米国でスマッシュヒットしていたのは知っていました。ジャンルとしては、一応スリラーになるようですが、私が思うに、その恐怖は、濃厚な「カルト感」によるものでした。

     とにかく、オープニングの主人公にある事件が起こるところから普通ではありません。そして、友人の生まれ故郷でもあるスウェーデンの奥地の村(生命共同体)で行われる90年に一度の祝祭に参加するなり、もう全てがカルト、カルト、カルトに満ち溢れて、何とも言えない恐怖を体感することになるのです。

     謎は山のようにあるに、その殆どが最後まで解明されません。でも、鑑賞後に不満が残らないのが不思議です。きっとその方が怖いからでしょう!

     この映画は、はっきりと客を選ぶと思います。私のようにこの手の映画が好きな人は良いですが、合わない人は、かなり退屈の2時間27分になってしまうとのではないでしょうか。

     どちらにしても、トラウマ的印象がしばらく残る映画です。

    違反報告