ジョン・デロリアン|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ジョン・デロリアン

2019年12月7日公開,113分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」シリーズに登場するタイムマシンのベース車として使用された自動車デロリアン(DMC-12)開発の裏側に迫る伝記ドラマ。問題が発生し資金繰りに窮したジョン・デロリアンは、会社を救うため犯罪組織との麻薬取引に手を出す。監督は「穴」のニック・ハム。「リヴォルト」のリー・ペイスが破天荒な人生を歩むジョン・デロリアンを、「シンクロナイズドモンスター」のジェイソン・サダイキスがFBI・デロリアン・犯罪組織の間で立ちまわるジム・ホフマンを演じる。

フォトギャラリー

ジョン・デロリアン 画像1
ジョン・デロリアン 画像2
ジョン・デロリアン 画像3
ジョン・デロリアン 画像4
ジョン・デロリアン 画像5
ジョン・デロリアン 画像6

予告編・関連動画

ジョン・デロリアン

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1977年、南カリフォルニア。麻薬密売の現場をFBIに押さえられたパイロットのジム(ジェイソン・サダイキス)は、罪に問われない代わりにFBIの情報提供者となる取引をする。彼が引っ越した家の隣家には、大手自動車メーカーのゼネラルモーターズでポンテアック・GTOの開発に携わったジョン・デロリアン(リー・ペイス)が住んでいた。隣人が何者かを知り驚いたジムは、その恵まれた家庭や、自分の夢の車を作るために会社を立ち上げてデロリアンの開発に取りかかっているジョンの完璧な人生に憧れていった。しかしジョンの会社では様々なトラブルが起こりジョンは資金繰りに窮しており、それを知ったジムは友人となった彼を麻薬密売の罪でFBIに売り渡す計画を立てる。

作品データ

原題
DRIVEN
映倫区分
PG12
製作年
2018年
製作国
アメリカ
配給
ツイン
上映時間
113分

[c]Driven Film Productions 2018 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    4.0
    2019/12/20

    全体を通して、会社の存続に四苦八苦するデロリアンの姿が描かれているが、個人的には、デロリアンの人物像やDMC12の誕生の経緯などを、もう少し深堀して欲しかった。

    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    3.0
    2019/12/15

    これ、全部実話ベースらしいが、自動車開発ストーリーじゃなく、法廷コメディになっていたような。
    ポスタービジュアルに偽りあり。

    主人公は、「デロリアンDMC-12」の設計者で社長のジョン・デロリアンではなく、隣人のジム・ホフマン。
    こいつ、麻薬取引の前科を消すために、麻薬組織へ潜入するFBIのスパイ(情報屋)になるんだけど、手柄を得るためにジョンをおとり捜査にハメる役。
    そして、ジムは裁判で証言しながら、今まで何があったか説明、再現していくスタイル。

    会社の資金繰りに困ったジョンが、麻薬取引に手を出すあたりのやりとりがスリリング。
    いやぁ、覚醒剤って面白いですな!(エンタメの世界だけでは)実際にやっちゃダメだよ!

    違反報告
  • rikoriko2255

    regency

    3.0
    2019/12/7

    自身がこだわる車作りに情熱を注ぐ男の映画といえば『タッカー』があったが、同じ趣旨の内容でも本作はちょっと違う。
    ジョン・デロリアンもプレストン・タッカー同様、車バカなのは間違いないのに、性格的にはむしろ真逆。
    表向きは、根は良い奴にして本作の真の主役ジム・ホフマンの悪魔のささやきに導かれ、理想の車作りのために道を踏み外すジョンの悲劇のように見えて、実は…というのがポイント。
    ジョンの姿を見て、本年一番の衝撃作『ジョーカー』を連想したのは自分だけではないはず。
    一番のクセ者は誰か、一番の悪人は誰かは、観た人の判断に委ねられる。

    肝心かなめな車のデロリアンの出番はほとんどないが、皮肉が利いたラストがいい。

    違反報告