ブレッドウィナー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ブレッドウィナー

2019年12月20日公開,94分

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

カナダの作家デボラ・エリスによる児童文学『生きのびるために』を原作にしたアニメ。アフガニスタンに住む11歳の少女パヴァーナ、ある日、父がタリバンに連行され、暮らしは一変。パヴァーナは髪を切り“少年”となって、一家の稼ぎ手として町に出るが……。監督は「ブレンダンとケルズの秘密」の共同監督を務めたノラ・トゥーミー。アンジェリーナ・ジョリーが製作総指揮として参加。第90回アカデミー賞長編アニメ映画賞ノミネート作品。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

2001年アメリカ同時多発テロ事件後のアフガニスタン。11歳の少女パヴァーナは、戦争で荒廃したカブールにある小さなアパートの一室で、教師だった父、作家の母、姉、そして幼い弟と暮らしている。パヴァーナは、父が語る物語を聞きながら成長し、市場で人々に手紙を読み書きして生計を立てる父を手伝っていた。そんなある日、父がタリバンに連行され、パヴァーナの生活は一変。タリバンは、男性を伴わずに女性が外出することを禁じているため、家族は金を稼ぐことも、食料を買いに行くこともできない。そんななか、苦境に立たされた家族のため、パヴァーナは髪を切り“少年”になることを決意。一家の稼ぎ手(=ブレッドウィナー)として町に出たパヴァーナは、新しい世界を目にするのだった。やがて、パヴァーナは父を救い出す方法を探し始める……。

作品データ

原題
THE BREADWINNER
映倫区分
G
製作年
2017年
製作国
カナダ=アイルランド=ルクセンブルク
配給
チャイルド・フィルム=ミラクルヴォイス
上映時間
94分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    コージィ

    5.0
    2019/11/28

    2001年頃のタリバン支配下のアフガニスタンが舞台。
    遠い国のことで無関係と思うなかれ。
    今、我々の住むこの世界と地続きで、実際に今も人権を認められない女性たちがいる、そんな国があるという事実に心を痛めます。

    作中、主人公の語り聞かせる創作した物語の中で、
    「怒りではなく対話を」
    「種は雷でなく水で育つ」
    というセリフが出てきました。
    戦争や暴力は何ももたらさない、対話と優しさで解決したいという訴えがありました。

    そして、同じスタジオの作った『ソング・オブ・ザ・シー』と同様に、豊かなアニメーションとしての表現と彩色。
    実写では残酷で観ていられないほどの差別と迫害を、中和すると同時に強調していて、引き込まれました。

    おすすめです。

    違反報告