裸足の天使|MOVIE WALKER PRESS
MENU

裸足の天使

1981年4月18日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

快適なひとり暮しを送っていた1人の老人の元に孤児院から脱走した美少女が舞い込んだことから起こる騒動をコメディ・タッチで描く。製作はジェローム・M・ザイトマンとアービング・ファイン、監督はTV界出身のレオナード・スターン。トム・ラザラスの原案を基にオリバー・ハイレーとレオナード・スターンが脚色。撮影はデイビッド・ウォルシュ、音楽はジャック・エリオット、編集はジョン・W・ホームズ、製作デザインはロン・ホッブスが各々担当。出演はジョージ・バ、ーンズ、ブルック・シールズ、バール・アイヴス、ロレイン・ゲリー、ジョン・シャック、アンドレア・ハワード、ウィリアム・ラスなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ビル・グラント(ジョージ・バーンズ)は、82歳の高齢だが、かつて名ボードビリアンとして名を成しただけあって快適に健康に1人暮らしを送っている。1人娘のシリル(ロレイン・ゲリー)などは、カムバックを勧める始末だ。ある日、食料品を仕入れにスーパーに出かけた彼は、車のトランクに美少女が入り込んでいるのを見て驚く。しかも彼女はオール・ヌードだ。家に連れて帰り、着物を着せてやったビルは、彼女から事情をきく。ケイト(ブルック・シールズ)と名のるその少女は孤児院を脱走し、チンピラ、デメスタ(ウィリアム・ラス)と同棲していたが、そこからも逃げ出し、その際、服をなくしてトランクに忍んでいたのである。思いがけない美しい珍入者に、その日からビルの生活が変わる。まず、周囲の人間たちから彼女を隠すことに苦心する毎日。はじめは、ビルの家から逃げることを考えていたケイトも、やがてビルと心を通わすようになり、2人はスワニーを共に聞きながら食事し、ソファとベッドで別々に休んだ。しかし、デメスタと警官が遂にケイトの居所をつきとめ、ビルの家にやって来た。その場は昔仲間の奇術師の助けでなんとかケイトをかくまうが、やがて、このロマンスに満ちた美少女との暮らしも別れの時を迎える。ケイトは学校に戻り、ビルは、入院中だった親友のマックス(バール・アイヴス)と久びさに言葉を交わすのだった。

作品データ

原題
Just You and Me, Kid
製作年
1979年
製作国
アメリカ
配給
コロムビア映画
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?