恐竜が教えてくれたこと|MOVIE WALKER PRESS
MENU

恐竜が教えてくれたこと

2020年3月20日公開,84分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

アンナ・ウォルツによる児童文学『ぼくとテスの秘密の七日間』を映画化。オランダ北部の島に家族で夏のバカンスにやって来た11歳のサムは、不思議な魅力に溢れる少女テスと出会い、魅かれていく。そんなある日、サムはテスから重大な秘密を打ち明けられ……。オランダの新鋭ステフェン・ワウテルロウト監督による長編デビュー作。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

恐竜が教えてくれたこと

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

一週間のサマーバカンスを楽しむため、家族とともにオランダ北部の島にやって来た11歳のサム(ソンニ・ファンウッテレン)。この世のすべての生き物がいつか死を迎えることを知った彼は「地球最後の恐竜は、自分が最後の恐竜だと知っていたのか」というまったく答えの見つからない哲学的な疑問に思い悩んでいる。そんなある日、サムの前に不思議な魅力に溢れる少女テス(ヨセフィーン・アレンセン)が現れる。彼女は今まで出会ったどんな友達とも違っていて、はにかむ笑顔を見せるかと思えば、急にそっぽをむいたり、大笑いしたり……。そんな彼女に次第にサムは魅かれていくのだった。ところが母親(イェネフェル・ホッフマン)とふたり暮らしのテスは、不在の父をめぐる重大な秘密を抱えていた。12年間ずっと生き別れてきた父親に対するテスの切なる想いを知ったサムは、彼女が考案した奇想天外な作戦に協力するのだが……。

作品データ

原題
My Extraordinary Summer with Tess
映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
オランダ
配給
彩プロ
上映時間
84分

[c]2019 BIND & Willink B.V. / Ostlicht Filmproduktion GmbH [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    barney

    3.0
    2020/6/20

    末っ子だから最後に死ぬと信じているサムは、一人になっても大丈夫なようにと、孤独に耐える訓練をする。
    そこで出会ったテスとの奇妙な関係。
    ちょっと睡魔が襲ってきたけど、人が孤独に耐えられるのは『思い出』があるからと…………………ラストはよかった。

    違反報告