21世紀の資本|MOVIE WALKER PRESS
MENU

21世紀の資本

2020年3月20日公開,103分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ベストセラーとなった経済学書を、著者ピケティ自身が監修・出演を務めて映画化したドキュメンタリー。700ページに及ぶ大著の理論を、映画や小説、ポップカルチャーなどの引用により、分かりやすく解説。21世紀を生きる私たちが知るべき最重要課題とは。監督はドキュメンタリー作家のジャスティン・ペンバートン。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

2014年に日本でも発売され、一大ブームを巻き起こした経済学書『21世紀の資本』。フランスの経済学者トマ・ピケティが執筆し、“史上最も重要な経済学書”として世界中から称賛を集めた。その一方で、700ページという超大作のため、完読が難しいことでも有名だ。そこで、著者ピケティ自身が監修から出演まで務め、一般の人も五感だけで理解できるように完全映画化。難しい数式などは使わず、著名な経済学者とともに、本で実証した理論を映像で表現した。「ウォール街」「プライドと偏見」「レ・ミゼラブル」「ザ・シンプソンズ」といった映画や小説、ポップカルチャーなどをふんだんに用いて、過去300年の世界各国の歴史を“資本”の観点から切り取って見せる。“働いてもお金持ちになれないのはなぜか?”、“社会の何を変えなければいけないのか?”……。21世紀を生きる私たちが知らなければならない最重要課題が次々と明かされてゆく。世間に渦巻く格差社会への不満や政治への不信感、誰も教えてくれなかった答えがここにある。昭和の高度経済成長や平成のリーマン・ショックの真相にも迫る必見の経済エンターテインメント。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
フランス=ニュージーランド
配給
アンプラグド
上映時間
103分

[c]2019 GFC (CAPITAL) Limited & Upside SAS. All rights reserved [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    3.0
    2020/6/4

    ベストセラーとなった700ページに及ぶ経済学書を、著者ピケティ自身が監修・出演を務めて映画化したドキュメンタリー。

    人類が長い歴史の中で繰り返し繰り返し行ってきた経済サイクルが、凄く分かりやすく見られます。
    途中にプライドと偏見、エリジウムと言った身近な格差社会物の映画や風刺漫画が挟まれるので、想像がしやすい。

    仕組みは分かったけど、そこそこ幸せだし‥と、見て見ぬ振りしたり、上手く誤魔化されながら生きている人類の大部分が含まれる中流層。

    ただ、今作はコロナ前の作品だから、今現在世界がコロナの真っただ中なんですけど、これ以降世界がどうなって行くのか、これを作った頃と大きく変わってきそうです。
    少なくとも、自分の仕事が補償が無い事は痛感した。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    コージィ

    5.0
    2020/3/26

    前半は資本主義がどういう歴史を辿ってきたかのお勉強。
    知っていることが多いので、眠くなる。

    俄然面白くなってきたのが、つまりは資本主義が腐ったターニングポイントから。
    レーガン・サッチャー・中曽根時代以降。
    富の集中と、富裕層と貧困層の拡大・分断、独裁的経済支配者の出現、選挙を金で買う腐敗の蔓延。
    今に至る地獄への一本道なハイウェイを、実写・アニメを踏まえてビジュアル化。
    アメリカをはじめとした資本主義社会は、グローバル化の税逃れを潰して、富裕層から累進的に税金を取らねばならないのに失敗していることをズバリ指摘。

    日本の詳細は直接描かれていませんが、小泉政権以降今の安倍政権に至るまで、1990年代に日本がアメリカ式経済を取り入れてしまったことによって、「今まで間違ってましたと言えません」「だって俺たち政治屋富裕層に便利な仕組みだもん」とばかりに、改善する気が一切ないまま来ちゃったことが丸わかり。
    長いものに巻かれたほうが楽とばかりに、思考停止して唯々諾々とお上に従っていると、自分が低収入な奴隷層に落ち込んでいて、一生搾取されるだけになると理解できるはず。
    右や左の思想とは一切関係なく、純粋に経済・資本というものの、本質的恐ろしさを学べると思います。
    これ、高校生や大学生には、授業で見せた方が良いなぁ。

    違反報告
  • rikoriko2255

    とりころーる

    5.0
    2020/3/22

    トマ・ピケティの大著「21世紀の資本」をドキュメンタリー調で描いた小品。原著が700ページもの大部なので、なかなか読み通すのは困難だが、この映画なら2時間はかからず、内容も平易。要は歴史的な経済の大変動や貧富の差の拡大の仕組みが丁寧に描かれている。トマ・ピケティ以外にも経済学の大御所が何人も出演している。

    違反報告