パリ・オペラ座バレエ・シネマ 2020「夏の夜の夢」|MOVIE WALKER PRESS
MENU

パリ・オペラ座バレエ・シネマ 2020「夏の夜の夢」

2020年6月1日公開,100分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

パリ・オペラ座バレエの舞台映像を映画館で上映するシリーズの1本。シェイクスピアの喜劇を原作にしたG・バランシン振付の作品。セットと衣装は、ファッションデザイナーのクリスチャン・ラクロワが手掛けた。6人のエトワールを配した豪華キャストが見所。2017年3月の公演を収録。

予告編・関連動画

パリ・オペラ座バレエ・シネマ 2020「夏の夜の夢」

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

アテネの近くの森。妖精王オベロン(ユーゴ・マルシャン)と女王タイターニア(エレオノラ・アバニャート)は、さらってきた美しい少年を巡って仲違いをする。オベロンはパック(エマニュエル・ティボー)に命じ、タイターニアのまぶたに媚薬を塗らせることに。この媚薬には、目を覚まして最初に見たものに恋してしまう効果があった。ところが、パックは森で眠っていた若者たち、ハーミア(レティシア・プジョル)、ライサンダー(アレッシオ・カルボーネ)、ヘレナ(ファニー・ゴルス)、ディミトリウス(オドリック・ベザール)にこの媚薬を塗ってしまい、彼らの関係があべこべになってしまう。また、パックは森に来ていた職人ボトム(フランチェスコ・ヴァンタッグロ)の頭をロバに変えてしまい、目を覚ましたタイターニアはこのロバに恋をする。少年の問題が解決すると、オベロンはボトムの頭を直し、タイターニアにかかった魔法を解いて仲直りをする。若者たちの魔法も解かれ、関係が修復される。『結婚行進曲』とともに華やかな踊りが展開される。

作品データ

配給
カルチャヴィル
上映時間
100分

[c]Paris Opera Ballet [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?