この世の果て、数多の終焉|MOVIE WALKER PRESS
MENU

この世の果て、数多の終焉

2020年8月15日公開,103分
R18+
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『たかが世界の終わり』のギャスパー・ウリエル主演による戦争ドラマ。第二次世界大戦末期のフランス領インドシナを舞台に、若きフランス人兵士の姿を通して戦場の生々しい現実を映しだす。兵士たちがいとも容易く命を落としていく戦争の不条理さを、過激なバイオレンス描写をいっさい使わない禁欲的な演出スタイルで魅せる。『終電車』の名優ジェラール・ドパルデューが、主人公に救いの手を差し伸べる作家役で出演。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

この世の果て、数多の終焉

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1945年3月のフランス領インドシナで、現地に進駐していた日本軍がクーデターを起こし、協力関係にあったフランス軍に一斉攻撃を仕かける。ただ一人生き延びたフランス人兵士のロベールは、兄を殺害したベトナム解放軍の将校ヴォー・ビン・イェンへの復讐を胸に秘め部隊へ復帰。悪夢のような日々のなか、マイというベトナム人娼婦と出会ったロベールは、しだいに彼女への想いを募らせていく。

作品データ

原題
LES CONFINS DU MONDE
映倫区分
R18+
製作年
2018年
製作国
フランス
配給
キノフィルムズ=木下グループ
上映時間
103分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    hogeyama

    4.1
    2020/9/10

    フランス領だったベトナムを旧日本軍が侵攻し、太平洋戦争終了後のインドシナ戦争に突入する頃のハナシ。主人公が追いかけていたヴォー・グエン・ザップは2013年、102才まで生きる。

    違反報告
  • rikoriko2255

    翔生

    1.5
    2020/8/20

    戦争映画としてはそれなりに見応えはあるが…この手の復讐に囚われ鬼と化していくような作品は過去にいくつもあるがそういった作品と比べてそこまで目新しさや新鮮味はなかった為退屈に感じてしまった。

    一人の兵士の体験型ムービーとしてみても悪くはない為戦争ものが好きな人には見て損はないだろう。

    フランス作品特有のエロのシーンはこの作品では中々ハッキリと映し出される為少しビックリした。
    他にも死体などもリアリティがありグロテスクであって少し驚いたか。

    戦争映画特有の胸糞悪いシーンも多々あるため精神面で健康である状態は必要だ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告