82年生まれ、キム・ジヨン|MOVIE WALKER PRESS
MENU

82年生まれ、キム・ジヨン

2020年10月9日公開,118分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

現代女性の生き辛さを映し出し韓国で社会現象を巻き起こしたベストセラー小説を映画化。結婚を機に退職したジヨンは、常に誰かの母であり妻であり、閉じ込められているような感覚に陥ることがあった。やがて他人が乗り移ったような言動をするようになり……。韓国の1982年生まれの女性で最も多い名前・ジヨンという名の平凡な女性とその夫を、「トガニ 幼き瞳の告発」「新感染 ファイナル・エクスプレス」でも共演したチョン・ユミとコン・ユチョン・ユミとコン・ユが演じる。監督は、本作が長編デビュー作となるキム・ドヨン。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ジヨン(チョン・ユミ)は結婚を機に退職。育児と家事に追われ、常に誰かの母であり妻であり、閉じ込められているような感覚に陥ることがあった。疲れているだけだと夫のデヒョン(コン・ユ)にも自分にも言い聞かせていたが、ある日からまるで他人が乗り移ったような言動をするように。ジヨンにはその間の記憶はなく、傷つけるのが怖くて真実を告げられないデヒョンは精神科医に相談に行くものの、本人が来ないことには何も改善することはできないと言われてしまう。何故彼女の心は壊れてしまったのか。少女時代から社会人になり現在に至るまでの彼女の人生を通して、見えてくるものとは……。

作品データ

映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
韓国
配給
クロックワークス
上映時間
118分

[c]2019 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    mamikun

    3.0
    2020/11/30

    想像と違った内容でした。もう少し盛り上がりがほしかったです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    コバヒロ

    3.0
    2020/11/14

    なかなか興味深く拝見しましたが…
    正直、私的にはあまり共感はしませんでした。世の中には働きながら育児もバリバリやってる方もいるし(かく言う私もそうですが)あんなに良い夫がいるのに「なぜ?」というカンジ。むしろ、あんなに心を痛めている夫こそ心が病むんじゃないか?と思うほど。
    まぁ、いろんな方がいますので内容を否定する気はありませんが。

    違反報告
  • rikoriko2255

    パトランプ

    4.0
    2020/11/3

    特に男性には観て理解して欲しい作品。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ぐりん

    3.0
    2020/10/28

    映画には希望が込められていて、原作の絶望感が薄まっていたけど、女性の生き辛さはきちんと描かれていると思いました。
    実母役のキムミギョンさんの演技とセリフが堪らなく泣けます。こんな涙は次世代の女の子に引き継ぎたくないな。

    違反報告
  • rikoriko2255

    fig262

    -
    2020/10/22

    誰も裁いてなくて、そこは良かったな。真実を丁寧にきっちりと描けば、ドーナツの穴が浮かび上がってくるって言う方式。この立場の人だったらこういうだろう、これをするだろうっていう、だから腹が立たないとかじゃないけど、淡々と描いてる。原作未なので、近日中に必ず!!パンフレットによると、原作はオチが痛快なので、映画では日和ってる?と推測されるので、もし先に原作を読んでいたら、不完全燃焼になったかも知れなかったので、この順番で良かった。しかし、ほぼ女性だった(ように思う)男の人にこそ見て欲しいが、届かんやろうな・・めっさヒットしたら、話題作!ってことで観る機会が増えるかも知れんけど、それでも、「響かない」ことに余計がっかりするのかな。で、捺印制度よりも先に婚姻制度を廃止した方が良いし、男女の居住区を別にした方が良い。もう、誰のための人生か、女は差別されているが、男も別に幸せそうじゃなかったし、地獄?ちょっと関係ないけど、お茶は屋上(屋外)で飲むんですね。喫煙みたいな感じなのですかね。寒いのにみんな外に出て!そこはちょっと面白かった。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    nastika

    3.9
    2020/10/14

    原作はキム・ジヨンをどこにでもいる女性Aとして、彼女をフィルターに女性の人生の困難を描いたけれど、映画版ではキム・ジヨンという主人公の人生にフォーカスされていた。内容もマイルドに改変されており、良作ではあるけど原作とは別物して見るべき。

    映画版のキム・ジヨンは不平等を強いられるヒロイン。理解ある夫と母親の存在もあり、わかりやすく良い話になっている。原作の拠り所のない絶望、息苦しさを取り払い希望を感じさせるものになっていた。本1冊を2時間にまとめて、さらに収益的に成功させるためには仕方のない改変だと思うけど、原作の素晴らしさの一部に蓋をされたようで少し残念な気もする。いや、映画もうまくまとまっていて良い作品なんだけどなんというか。

    それにしてもコアターゲットの一部は育児に追われて映画館に行けないと思うので、その辺どう考えてるんだろうとか気になってしまった。

    余談1. 映画ポスターのコピー。
    韓国「誰もが知っているが誰も知らなかった あなたと私の話」、対して日本版「大丈夫、あなたは一人じゃない」。
    間違いなく日本版のコピーは劣化してるけど、これを「夫からキム・ジヨンに送る言葉」として考えるか「キム・ジヨンからあなたに送る言葉」と考えるか、見方次第で感想が変わる。

    余談2. 先日、カフェで赤ちゃんの機嫌と周囲の目を気にしながらお茶するお母さんを見かけた時に、映画のワンシーンを思い出した。原作は社会に対する問題提起としての価値が素晴らしかったけれど、映画はより具体化されていたので、観客の行動や意識変化にダイレクトに影響している気がする。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ちゅに

    4.0
    2020/10/14

    男女共同参画とは言うものの、家事や育児を担うのは結局、女性。職場でも大した仕事は与えられず、昇進も遅い。女性を取り巻く環境は厳しく、女性を見る目も厳しい。日韓共に共通する現実を韓国社会独特の儒教的な背景を交えながら丁寧に描いた力作。家庭でも男子が好まれ、常に長男が優遇される社会。そんな現実と戦いながらも自己実現を果たそうとする主人公の姿に思わず共感する。ラストに近いカフェでのシーンに自分が立ち会ったならば、きっと加勢するに違いないと思わせるほど、リアリティのあるシーンだった。これから結婚する人達や既に子育てに携わっているに男女に是非見て、考えて欲しい作品だ。

    違反報告