ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ

2020年10月9日公開,120分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

都市開発で変わりゆくサンフランシスコの街が舞台の人間ドラマ。ジミー・フェイルズが実名で主人公を演じるほか、『黒い司法 0%からの奇跡』のロブ・モーガン、『リーサル・ウェポン』のダニー・グローヴァーらが共演。フェイルズの幼なじみであるジョー・タルボットがメガホンをとり、長編映画デビューとなる本作で2019年のサンダンス映画祭の監督賞と審査員特別賞をW受賞した。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

ラストブラックマン・イン・サンフランシスコ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

サンフランシスコで生まれ育ったジミーは、かつて家族と暮らした思い出の宿るヴィクトリアン様式の美しい家を愛していた。ある日、ジミーは観光名所となっていたその家を現在の家主が売りに出したことを知る。都市開発によって変容するサンフランシスコでジミーは、友人のモントに支えられながら、自らの心の置きどころである家を取り戻そうと奔走する。

作品データ

原題
The Last Black Man in San Francisco
映倫区分
PG12
製作年
2019年
製作国
アメリカ
配給
ファントム・フィルム
上映時間
120分

[c]2019 A24 DISTRIBUTION LLC.ALL RIGHTS RESERVED. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    nastika

    3.4
    2021/3/2

    都市開発で変わりゆくサンフランシスコを舞台に、かつて奪われた自宅を取り戻すために奔走する主人公。街への憧憬、映像も音楽も良い、街並や美術の端々まで美しいけど、自分の知識不足や彼らのルーツへの理解が浅いから感情移入できず。。良い作品だと思うけど自分には合わなかった。ポスターは世界版、国内版ともにデザインが良かった。

    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2020/10/26

    心の拠り所・・って必要だなぁ‥って思った。
    特に、理不尽な世界に生きていたら。

    ちょっと浮世離れしたような雰囲気。
    世界ををフィルター越しに見ているような。
    ちょっと、切なくなる。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    JIMES

    3.0
    2020/10/26


    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    3.0
    2020/10/18

    サンダンス映画祭には、自分の生き方を振り返る機会になる作品が出品されるので期待する。先頃上映された「ルース・エドガー」はその最たるものだった。この作品は、審査員特別賞に監督賞も受賞している。一言で表せば、黒人青年の真の自立の物語と言えるだろう。予告編では、黒人から見た、サンフランシスコという街への哀愁と愛しさを描いた映画かと思っていたが、ちょっと違った。ずっと物悲しい雰囲気が漂うが、最終局で一気に盛り上がりを見せ、それが過ぎてフーッと息を吐いたら、爽やかに希望を感じさせて終わるという感じ。中盤はもう少しフィルムを短縮すると全体が締まると思うのだが。

    違反報告