アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい|MOVIE WALKER PRESS
MENU

アンナ・カリーナ 君はおぼえているかい

2020年6月13日公開,55分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

2019年に亡くなったヌーヴェル・ヴァーグのアイコン、アンナ・カリーナの生涯に迫ったドキュメンタリー。1940年9月22日、アンナはコペンハーゲンで、船長の父と19歳の母の間に生まれる。やがて天涯孤独の身となった彼女は、パリへ向かうが……。アンナの夫デニス・ベリーが、「アンナへのラブレレター」として万感の思いを込めて作り上げた。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1940年9月22日。アンナ・カリーナは、デンマークのコペンハーゲンで遠洋航路船長の父と19歳の母との間に生まれる。両親はすぐに別れるが、代わって彼女を保護してくれたのは、祖母だった。だが、その祖母も亡くなり、孤独を知ったアンナは、一番遠い世界に行きたいと列車に飛び乗り、17歳で灰色の故国を脱出する。パリのサンジェルマン・デプレに辿り着き、彼女は確信する。“ここが私の居場所だ”と。ココ・シャネルに出会い、シャネルが彼女を“アンナ・カリーナ”と命名。一躍花形モデルになった彼女を見初めたのが、ジャン=リュック・ゴダールだった。「女は女である」、「女と男のいる舗道」そして「気狂いピエロ」……。―時代を画したヌーヴェル・ヴァーグのアイコンとなったコンビの誕生と別れ。音楽界の寵児ゲンズブールも、ミュージカル映画「アンナ」のために14曲を提供。72年、彼女は自分にとってリアルなことを表現したいという思いが募り、完全な男社会のフランス映画界を飛び出し、自ら製作・脚本・監督・出演を兼任し、ニューヨークで映画を撮る。さらに歌手としての活動を開始すると、フランスやヨーロッパだけでなく、日本でもツアーを実施する……。

作品データ

製作年
2017年
製作国
フランス
配給
オンリー・ハーツ
上映時間
55分

[c]Les Films du Sillage – ARTE France – Ina 2017 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    regency

    2.0
    2020/4/29

    女優アンナ・カリーナに、パートナーだった監督が捧げたフィルム式ラブレター。
    そのレターをアンナが観ると同時に、彼女を観て応援してきた映画ファンへの謝辞も含まれている。
    ただこの監督、アンナと結婚する前は『勝手にしやがれ』のジーン・セバーグの夫だったので(彼女とは死別)、どれだけヌーベルバーグの影響を受けてきたんだとツッコミたくもなるが。
    もっとも、本作完成後に惜しくもアンナが亡くなってしまったことを鑑みると、結果として残すべき作品となったのは間違いない。

    違反報告