フライト・キャプテン 高度1万メートル、奇跡の実話:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
  • 映画TOP
  • 作品情報
  • 映画『フライト・キャプテン 高度1万メートル、奇跡の実話』
フライト・キャプテン 高度1万メートル、奇跡の実話
フライト・キャプテン 高度1万メートル、奇跡の実話
3.8

フライト・キャプテン 高度1万メートル、奇跡の実話

2020年10月2日公開、111分、アクション
13
10
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

中国で起きた飛行機事故を「マンハント」のチャン・ハンユー主演で映画化。リュー機長とクルーたちは、重慶市からラサに向かう飛行機に乗客119名を乗せて飛び立つ。地上1万メートルで操縦室のフロントガラスが大破し、副操縦士チェンの体が投げ出される。監督は、「インファナル・アフェア」シリーズのアンドリュー・ラウ。出演は、「空海 KU-KAI 美しき王妃の謎」のオウ・ハオ。

配信で観る

ストーリー

2018年5月14日、リュー機長(チャン・ハンユー)をはじめとする9名のクルーは、重慶市からチベット自治区のラサに向かう四川航空3U8633便に乗客119名を乗せて飛び立った。順調だったフライトは、地上1万メートルの高空を飛行しているとき一変する。突如操縦室のフロントガラスにひびが入り、瞬く間に大破してしまう。副操縦士のチェン(オウ・ハオ)の体が外に投げ出されるが、辛うじてリュー機長がチェンの体を掴む。しかし、氷点下30度の冷風前方から激しく吹き込み、圧力を失った操縦室は自動操縦もできなくなる。機体が激しく揺れるなか、クルーたちの制止も虚しく、乗客たちはパニックになる。だがそれは、その先に待ち受ける空前の危機の始まりに過ぎなかった……。

予告編・関連動画

フライト・キャプテン 高度1万メートル、奇跡の実話

予告編

2020/4/6(月)更新

映画レビュー

3.8 (2件のレビュー)

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
中國機長
映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
中国
配給
アルバトロス・フィルム
上映時間
111分
製作会社
博納影業集団株式有限公司=北京博納影業集団有限公司=博納影視娯楽有限公司
ジャンル
アクション

[c]2019 Bona Entertainment Company Limited All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社