タッチ・ミー・ノット ローラと秘密のカウンセリング|MOVIE WALKER PRESS
MENU

タッチ・ミー・ノット ローラと秘密のカウンセリング

2020年7月4日公開,125分
R18+
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

第68回ベルリン国際映画祭で金熊賞と最優秀新人作品賞をW受賞したヒューマンドラマ。強迫性障がいを抱える孤独な女性ローラは、ある日、病院で無毛症の男と車椅子の患者同士が互いの身体に触れ合うことで自分を見つめていく不思議なカウンセリングを目撃する。出演は「お家に帰りたい」のローラ・ベンソン、「氷の国のノイ」のトーマス・レマルキス。ルーマニア出身のアディナ・ピンティリエ監督による初長編。

予告編・関連動画

タッチ・ミー・ノット ローラと秘密のカウンセリング

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

寝たきりの父親の介護で通院する日々を送るローラ(ローラ・ベンソン)は、自身も人に触れられることに拒否反応をおこす精神的な障がいを抱えていた。そんなある日、ローラは病院で不思議な療養を目撃する。病によって無毛症となったトーマス(トーマス・レマルキス)や、自由に四肢を動かすことのできない車椅子のクリスチャン(クリスチャン・バイエルライン)など様々な症状を抱える患者たちが、互いの身体に触れ合うことで自分を見つめていく患者同士のカウンセリング。ローラは彼らを興味深く観察するなか、自分と同じような孤独感を持つトーマスに心惹かれてゆく。やがて、街でトーマスに導かれるように秘密のナイトクラブへ入ったローラは、そこで欲望のままに癒し合う群衆を目の当たりにするのだった……。

スタッフ

アディナ・ピンティリエ

監督、脚本、編集、プロデューサー

ビアンカ・オアナ

プロデューサー、ラインプロデューサー

フィリップ・アヴリル

プロデューサー

イヴォ・パウノフ

音楽

アインシュテュルツェンデ・ノイバウテン

音楽

ベニー・ドレックゼル

共同プロデューサー

ラドヴァン・シーブロテ

共同プロデューサー

アルジェベタ・カラスコバ

共同プロデューサー

モルティカ・ボジロワ

共同プロデューサー

ジョージ・チッパー=リールマーク

撮影監督

ヴェセリン・ゾグラフォフ

録音

アレックス・ゲラセ

ヘアー

ミレン・イワノフ

ヘアー

モニカ・レズレアン=ゴルガン

プロデューサー代理

ドミニク・ドレーシー

サウンドデザイン

マレク・ポレドナ

サウンドミックス

アドリアン・クリステア

美術監督

マリア・ピーテオ

衣裳デザイン

イオアナ・コヴァリ

メイク

フローレンティナ・ブラタファノ

キャスティング

ターニャ・シュー

キャスティング

マヤ・セルラ

キャスティング

マグダレナ・イリエフ

キャスティング

イワン・コツェフ

キャスティング

カタリン・ネアゴエ

プロダクションマネージャー

ニコル・ザーニー

プロダクションマネージャー

ペトラ・ドベショヴァ

プロダクションマネージャー

ヤクブ・ピンカヴァ

プロダクションマネージャー

カルステン・フランク

協力プロデューサー

ネダ・ミラノヴァ

協力プロデューサー

アン・グレンジ

協力プロデューサー

アナマリア・アントチ

協力プロデューサー

ローラ・ジョルジェスク=バロン

協力プロデューサー

アンカ・ブラシアヌ

協力プロデューサー

アナ・アレキシエヴァ

協力プロデューサー

上條葉月

日本語字幕翻訳

作品データ

原題
Touch Me Not
映倫区分
R18+
製作年
2018年
製作国
ルーマニア=ドイツ=チェコ=ブルガリア=フランス
配給
ニコニコフィルム
上映時間
125分

[c]Touch Me Not - Adina Pintilie [c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?