ホテルローヤル|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ホテルローヤル

2020年11月13日公開,104分
PG12
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

桜木紫乃の直木賞受賞作を『百円の恋』の武正晴が映画化。美大受験に失敗し、家業のラブホテルを手伝うことになった雅代は、アダルトグッズの営業・宮川への恋心を秘め、黙々と働いていた。そんなある日、一室で心中事件が起こり、ホテルはマスコミの標的に。出演は、「弥生、三月 君を愛した30年」の波瑠、「ユリゴコロ」の松山ケンイチ、「愛しのアイリーン」の安田顕。

予告編・関連動画

ホテルローヤル

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

北海道、釧路湿原を望む高台に建つラブホテル。美大受験に失敗し、居心地の悪さを感じながら家業のホテルを手伝うことになった雅代(波瑠)は、アダルトグッズ会社の営業・宮川(松山ケンイチ)への恋心を秘めつつ、黙々と仕事をこなしていた。甲斐性のない父・大吉(安田顕)に代わり半ば諦めるように継いだホテルには、非日常を求める様々な人がやって来る。投稿ヌード写真を撮影するカップルや、子育てと親の介護に追われる夫婦、行き場を失った女子高生と妻に裏切られた高校教師……。そんななか、一室で心中事件が起こり、ホテルはマスコミの標的になる。さらに大吉が病気で倒れ、雅代はホテルと自分の人生に初めて向き合うことに……。

作品データ

映倫区分
PG12
製作年
2020年
製作国
日本
配給
ファントム・フィルム
上映時間
104分

[c]桜木紫乃/集英社 [c]2020 映画「ホテルローヤル」製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    やまと

    4.0
    2021/2/18

    結構面白かった

    違反報告
  • rikoriko2255

    ガット

    3.0
    2020/12/11

    この撮影はいつ頃だったのかな?コロナ前なのか、後なのか?
    何か詰めきれてないような感じが観ていてずっとします。
    どこに主軸が有るのかがあやふやで、舞台がとあるラブホと、その中の一室、その中での現実と非現実を波留さんの一本のストーリーの上にショートストーリーの群像劇を絡ませて、世の中も人生も愛も永遠はないって事なのかな。
    群像劇が、たった一つの部屋での出来事なのだが、時間の流れがよくわからないとこもあり、ホテル全体としての群像劇でも良かったかと。
    役者さんは曲者揃いで魅せてくれます、ホテルに来る客として、またホテル側の人間として、それぞれに何かの物語を持っていますが、それが淡々とエピソードとして流れて行くだけで、ほとんど絡まないんですよ。
    それが、ラブホ=波留さんとして、色々あっても、なんとなく流されて行くだけの人生だった波留さんを表しているのかな。
    最期に視線変えると、違うものが見えてってことで、次のステージに。
    自然のいつまでも変わらない美しさと、時間と共に寂れて行く街が、本作で一番印象的だったのはどうなんだろ。
    あと、映画の評価には関係ないですが、やっぱり波留さんの丸眼鏡、大好きです。

    違反報告
  • rikoriko2255

    元電気メーカー社員

    3.0
    2020/11/28

    荒唐無稽な話ではなくどのエピソードも、実話だとしてもおかしくない話。出演者の力量も申し分なく、演技を堪能できる内容。なのに絵空事感が付きまとうのは恐らく、時代考証がでたらめだから。どう頑張っても、2000年頃より後には、舞台設定できない話を、無理やり現代の話にしたせいで、松山ケンイチが演じた朴訥さも、リアリティが無くなってしまった。冒頭のシーンも、20世紀末の話なら充分リアリティがあった。

    違反報告
  • rikoriko2255

    馬ザップん

    2.0
    2020/11/20

    何とも言えないなぁ。お金かけないで作っているのはわかった。

    違反報告
  • rikoriko2255

    mimi2koko2chan3

    3.0
    2020/11/19

    ラブホテルが家の家族の話
    美大に受けるが、落ち、家業を継ぎ、ラブホテルで起きる、様々な、人間模様。浮気相手の酒屋の兄ちゃんと家を出て行く母。高校教師と生徒の無理心中。お互い、何処に行く場所も見出せない侭。父も、酒で身体を患い、死ぬが、『この窓から見える景色が、好きだ。絵は、書かないのか?』と、娘に問う。もう少し、北海道の風景映しても良かったんじゃないかな?

    違反報告
  • rikoriko2255

    ゲンヘイレン

    3.0
    2020/11/13

    上映前・初日舞台挨拶中継

    違反報告
  • rikoriko2255

    shellnuma

    4.0
    2020/11/13

    7/10点
    それなりに面白かった。
    話自体には引き込まれないが、実力がある俳優が多く出演しているため演技は見ごたえがあった。

    違反報告
  • rikoriko2255

    ちゅに

    2.5
    2020/11/13

    ラブホテル経営者の娘として育った主人公が、ホテルを利用する男女の営みや従業員、出入り業者の人間模様を通して自身の人生の意義を見つめ直す、桜木紫乃氏の自伝的小説を映画化。劇中に登場する人物は殆どが同じ因果を辿り、欲望に翻弄され破局に向かう筋立てが何とも悲しい。結局、欲望の赴くままに刹那的に生きる生き方が社会を毒し、周囲の人々を不幸に陥れていく姿を浮き彫りにしていく過程がとても興味深かった。

    違反報告