グッド・ワイフ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

グッド・ワイフ

2020年7月10日公開,100分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

映画祭などで高評価を得たメキシコの新鋭女性監督アレハンドラ・マルケス・アベヤの長編2作目。1982年、メキシコシティの高級住宅街で夫や3人の子どもたちと幸せな生活を送るソフィア。だが、歴史的な経済危機により、彼女の完璧な世界は崩壊し始める。出演はNetflix「犯罪アンソロジー:大統領候補の暗殺」のイルセ・サラス、「ダークレイン」のカサンドラ・シアンゲロッティ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1982年、メキシコシティの高級地区ラスロマス。実業家の夫を持つソフィアは、3人の子どもにも恵まれ、高級住宅街にある美しい豪邸で満ち足りた生活を送っていた。セレブ妻たちのコミュニティに女王のごとく君臨する彼女は、証券会社の社長を夫に持つ垢抜けない“新入り”アナ・パウラの出現が気に入らない。そんな時、メキシコを襲った歴史的な経済危機が、富裕層を直撃。突如として、ソフィアの完璧な世界は崩壊し始める……。

作品データ

原題
Las Ninas Bien
映倫区分
G
製作年
2018年
製作国
メキシコ
配給
ミモザフィルムズ
上映時間
100分

[c] D.R. ESTEBAN CORP S.A. DE C.V. , MEXICO 2018 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    3.0
    2020/7/29

    嫌味な位優雅な生き方をしているセレブのマダム。

    少しづつ崩れていくのを表面上は見せないんだけど、何処か気もそぞろで、ぽろぽろと生活が崩れていくのを、落ち着かないソフィアの目で見ている感じ。

    成り上がり者夫婦のアナ・パウラの存在が最初からとにかく大きい。
    どうして上流社会の皆の仲間入りできたか‥は、経済力のある成り上がり者だからこそ・・なのね。
    皆不安ですり寄ったんだわ。

    有閑マダム達の没落は小気味良いかと思いきや、あまり・・だったな。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    seapoint

    3.0
    2020/7/25

    上流階級の奥様方はどんだけ顔の皮が厚いのか。
    彼女らは就業しないで旦那のお金で好きな物を買い、遊び、金銭の苦労はこれっぽちもないわけだ。
    唯一の苦労は奥様方の人間関係。いかにマウントを取るか。あー、平和。

    どっぷりぬるま湯に浸かっているから危機になっても理解ができない。クレジットも小切手も使えなくても物欲旺盛、そのくせ使用人の給与は未払い、始末に負えない。

    特に印象なのはソフィアの時代を映す肩パッド。ものすごい強調。彼女のプライドかしら。贅沢三昧だが疲れ顔。背負わなくていいプレッシャーを勝手に背負って。哀れだ。でもこういう人ってどの時代にもいるよなぁ。

    違反報告