ヒットマン エージェント:ジュン|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ヒットマン エージェント:ジュン

2020年9月25日公開,110分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ドラマ『推理の女王』のクォン・サンウが主演し、韓国で240万人を動員したアクション。国家情報院に拾われ、暗殺要員として育てられた孤児のジュン。彼は対テロ保安局のエースとなるが、漫画家になるという夢を捨てられず、任務中に死を偽装して姿を消す。出演は、ドラマ『SKYキャッスル~上流階級の妻たち~』のチョン・ジュノ、「レッスル!」のファンウ・スルヘ、「殺されたミンジュ」のイ・イギョン、「黄泉がえる復讐」のイ・ジウォン、「犯罪都市」のホ・ソンテ。

予告編・関連動画

ヒットマン エージェント:ジュン

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

とある孤児の少年が国家情報院に拾われ、“ジュン”と名付けられて暗殺要員として育てられる。ジュン(クォン・サンウ)は瞬く間に対テロ保安局“猛攻隊”のエースとなるが、漫画家になるという幼いころからの夢を捨てられず、任務遂行中に死を偽装して行方をくらませる。15年後、妻子を持ち、憧れの漫画家になったジュンだったが、まったく売れずに妻の稼ぎとバイトで生計を立てていた。自暴自棄になったジュンは泥酔して、暗殺要員時代の秘密を描いた漫画を配信してしまう。朝になり、正気に戻ったころには、漫画は大勢の人に読まれ大人気となっていた。しかし、漫画を読んだ国家情報院とテロリストにジュンが生きていることがバレてしまい、命を狙われることに……。

作品データ

原題
Hitman:Agent Jun
映倫区分
G
製作年
2020年
製作国
韓国
配給
アルバトロス・フィルム
上映時間
110分

[c] 2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved. [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    コバヒロ

    5.0
    2020/10/11

    アクション映画と思いきや…笑いの連続!爆
    良い意味で期待を裏切ってくれた映画です。香港アクションコメディに負けず劣らずの傑作!
    クォン・サンウがズッコケ3枚目を演じてるのも新鮮だけど、アクション場面ではさすがの2枚目。
    飲んでたアイスコーヒーをマジで吹き出してしまった自分にも驚きました 笑

    違反報告
  • rikoriko2255

    amazon02

    3.5
    2020/9/25

    事前情報ほぼゼロで、久しぶりの直観鑑賞。
    いくらでも重く、暗くできるプロットを明るく軽く観せるスカした作品。ニュアンスは続編制作の決まった「ファブル」に近い印象。
    ただし、タイトルの「ヒットマン」は、どの時点でのことを指すのか謎。ヒットマンというより工作員じゃなかろか?と思うのだが…

    ストーリーは、韓国ものにしては単純。変な伏線の張り方や、忘れた頃の回収もないし、あっと驚くエンディングの仕掛けもない。ファブルに似てると思ったのは、なんだかTVドラマの総集編とか特別編?と思える作品だなと感じたから。
    とはいえ、アクションの組み立てやストーリーの展開はキチンと考えられており、最近の中華資本ハリウッドムービーに辟易していた分、楽しく鑑賞できた。

    人数制限解除初日の入場者数は座席の8割くらい。更にその8割がリタイア世代くらいのおばちゃん連、集団鑑賞。マナーは悪くないし、文句はないが、韓流スターをよく知る彼女達は、まるで知り合いがそこにいるように細かな笑いにも徹底的に追随して反応する。爆笑プラス、手を叩いて喜ぶ。この辺りがTVドラマ的だと感じたのを補強してしまったのかもしれない。

    シネマート心斎橋
    2020.09.25

    違反報告