劇場版 BEM ~BECOME HUMAN~|MOVIE WALKER PRESS
MENU

劇場版 BEM ~BECOME HUMAN~

2020年10月2日公開,90分
PG12
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

1968年に放送開始したTVアニメ『妖怪人間ベム』の生誕50周年を記念し制作されたTVアニメ『BEM』が映画化。リブラシティの事件から2年後。ベムたちの行方を追う刑事のソニアは、ドラコ・ケミカルという製薬会社でベムと瓜二つのベルムという人間と出会う。「フリクリ プログレ」の監督の一人で、『BEM』TVシリーズにプロジェクト協力として関わっていた博史池畠がメガホンを取る。TVシリーズから引き続き「フリクリ オルタナ」の小西克幸、「巨蟲列島」のM・A・O、『黒子のバスケ』の小野賢章が妖怪人間のベム、ベラ、ベロの声を担当するほか、Kis-My-Ft2の宮田俊哉らがゲスト声優として参加。

予告編・関連動画

劇場版 BEM ~BECOME HUMAN~

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

リブラシティの事件から2年が経ち、刑事のソニア(声:内田真礼)は行方不明となったベムたち妖怪人間探し続けていた。目撃情報をもとにドラコ・ケミカルという製薬会社を訪れると、たくましく成長し一人で悪と戦い続けているベロ(声:小野賢章)、戦いを拒み普通の女の子としての平穏な暮らしを望むベラ(声:M・A・O)、そしてベムに瓜二つであるベルム(声:小西克幸)という男と出会う。自分のことをベムと呼ぶソニアと接触してからというもの、ベルムは毎夜悪夢にうなされるように。愛する妻子に囲まれ、街の人々といつものように交流し、気の許せる同僚とやりがいのある仕事をし……。そんな自分にとってのごく普通の日常が、音を立てて崩れ落ちていく……。

作品データ

映倫区分
PG12
配給
クロックワークス
上映時間
90分

[c]ADK EM/BEM製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    宮崎一哉

    5.0
    2020/10/4

    バトルシーンがものすごく見応えあって良かった。
    それ以外のシーンも主人公の人柄が出ててとても良かった。
    また見たいと思える作品でした。

    違反報告