本気のしるし<劇場版>|MOVIE WALKER PRESS
MENU

本気のしるし<劇場版>

2020年10月9日公開,232分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「よこがお」の深田晃司監督が、初めてコミック原作の映像化に挑んだドラマを再編集した劇場版。退屈な日常を過ごす会社員・辻は、ある夜、踏み切りで立ち往生していた不思議な雰囲気の女・浮世の命を救う。彼女は無意識のうちに男を破滅へ導く危険な女だった。出演は「蜜蜂と遠雷」の森崎ウィン、「去年の冬、きみと別れ」の土村芳。第73回カンヌ国際映画祭「Official Selection 2020」選出作品。

予告編・関連動画

本気のしるし<劇場版>

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

どこか虚無感を抱えながら成り行きまかせの日常を過ごしている会社員・辻一路(森崎ウィン)。ある夜、踏み切りで立ち往生していた不思議な雰囲気の女・葉山浮世(土村芳)の命を救った辻だったが、その日からふたりの泥沼の関係が始まる。追い込まれるとその場限りの嘘をつき、お金や人間関係、すべてに無責任な言動をとる浮世。だが辻は、そんな彼女を放っておけず、浮世を追ってさらなる深みに嵌っていくのだった……。

作品データ

原題
The Real Thing
映倫区分
G
配給
ラビットハウス
上映時間
232分

[c]星里もちる・小学館/メ~テレ [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    ryookie

    4.6
    2021/2/8

    これと言ったBGMは無く、唯一ラストシーン近くで木造アパートの隣りから流れるレコード演奏、ベートーベン第九第三楽章のライブ演奏が心に響く。
    劇中二度発せられる浮世の「わたし、いいって言われますよ」は映画史上屈指の名(迷)ゼリフ?

    違反報告
  • rikoriko2255

    ゲンヘイレン

    4.0
    2020/12/26

    12/26 上映後・リモート舞台挨拶

    違反報告
  • rikoriko2255

    nastika

    3.9
    2020/10/14

    偶然出会い、手を差し伸べた女に翻弄されながら堕ちていく4時間におよぶ予測不能なファムファタール作品。前半どうしようもない人間のオンパレードにイライラしたけど、インターミッションを挟んだ後半2時間の加速ぶりに心を掴まれ、最後は感動までしてしまった。

    登場人物全員が大なり小なりどうかしてるけど、メインの2人が一番狂ってるのがまた。共感性ゼロの男女の転がり落ちていくさまはなかなかのストレス。でも名作。なんだこの作品は。

    違反報告