ソニア ナチスの女スパイ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ソニア ナチスの女スパイ

2020年9月11日公開,110分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

スパイとしてナチスに潜入した女優の実話を映画化。ナチス占領下のノルウェーで、ナチスの国家弁務官テアボーフェンは、女優ソニアをプロパガンダに利用しようと画策する。一方、ソニアは隣国スウェーデンから、スパイとしてナチスに潜入するよう要請される。出演は、「ヘラクレス」のイングリッド・ボルゾ・ベルダル、「ダウンサイズ」のロルフ・ラスゴード、「パイレーツ・オブ・カリビアン 最後の海賊」のアレクサンダー・シェーア、「プラネタリウム」のダミアン・シャペル。監督は、ノルウェーの俊英イェンス・ヨンソン。脚本は、「ヒトラーに屈しなかった国王」のハラール・ローセンローヴ=エーグとヤン・トリグヴェ・レイネランド。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

ソニア ナチスの女スパイ

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

第二次世界大戦中、ナチス占領下のノルウェー。ナチスの国家弁務官ヨーゼフ・テアボーフェン(アレクサンダー・シェーア)は、女優として活躍していたソニア・ヴィーゲット(イングリッド・ボルゾ・ベルダル)の人気に目を付け、彼女をプロパガンダに利用しようとする。そのころ、ノルウェーの隣国スウェーデンは、戦線を拡大させて諸国に侵攻していくナチ・ドイツを警戒し、情報収集に躍起になっていた。そこで、スウェーデンの諜報部は、ソニアにスパイとしてナチスに潜入するよう要請する。ソニアは、一度はその要請を拒否するが、逮捕された父親を解放させるため、テアボーフェンに接近して彼の邸宅への潜入に成功する。ソニアは次第にテアボーフェンの寵愛を受け、信頼も得るようになる。そんなある日、テアボーフェンから、ナチスのスパイとして北欧諸国の情報を収集するよう依頼される……。

作品データ

原題
The Spy
映倫区分
G
製作年
2019年
製作国
ノルウェー
配給
東北新社=STAR CHANNEL MOVIES
上映時間
110分

[c]2019, The Spy AS BR・F, Film i Väst, Scope Pictures, Nordisk Film Danmark - All rights reserved [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    3.0
    2020/9/17

    気の毒な人生だなぁ。
    綺麗で人気も才能も名声も有っても、時代には逆らえなかった。

    それにしても、周囲がスパイだらけで、本当に気が抜けない・・しんどいですねぇ。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告