プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵|MOVIE WALKER PRESS
MENU

プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵

2020年9月18日公開,106分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

南アフリカの白人でありながら、アパルトヘイトに抵抗して投獄されたティム-ジェンキンの自伝『脱獄』を映画化したポリティカルスリラー。1978年。最高警備を誇るプレトリア刑務所に投獄されたティムは、仲間のスティーブン・リーと共に脱走を決意する。出演は「スイス・アーミー・マン」のダニエル・ラドクリフ、『ザ・ダート:モトリー・クルー自伝』のダニエル・ウェバー。

予告編・関連動画

プリズン・エスケープ 脱出への10の鍵

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1978年。南アフリカ人のティム・ジェンキン(ダニエル・ラドクリフ)は、白人でありながらアパルトヘイトに反対し、ネルソン・マンデラ率いる“アフリカ民族会議”(=ANC)の隠密作戦に参加。同胞のスティーブン・リー(ダニエル・ウェバー)と共に、テロリストとしてプレトリア刑務所に投獄される。最高警備を誇るプレトリア刑務所に収監後、ティムとスティーブンは、アパルトヘイトに対する抵抗のメッセージを送るため、脱走を決意。厳しい看守の目を掻い潜り、木片で鍵を製作、さらに綿密な観察を重ね、10の鉄製のドアを突破するための木製の鍵を駆使して、自由への道を歩み出すが……。

スタッフ

フランシス・アナン

監督、脚本

マーク・ブレイニー

製作

ジャッキー・シェパード

製作

デヴィッド・バロン

製作

ミシェル・クラム

製作

ゲイリー・ハミルトン

製作

ティム・ジェンキン

原作

L.H.アダムス

脚本

カロル・グリフィス

脚本

デヴィッド・ハーシュフェルダー

音楽

ジェフリー・ホール

撮影

ニック・フェントン

編集

ジュリー・バーン

ラインプロデューサー

ナン・ローランズ

キャスティングディレクター

モーラ・フェイ

キャスティングディレクター

アン・フェイ

キャスティング

ルー・ミッチェル

キャスティング

マリオット・カー

衣裳デザイン

フィオナ・リース=ジョーンズ

メイクアップ

スコット・バード

美術

クリス・グッデス

音響効果

アンドリュー・コトリアー

製作総指揮

エリザベス・ザボイスキー

製作総指揮

ブライアン・ベックマン

製作総指揮

ライアン・ハミルトン

製作総指揮

イン・イエ

製作総指揮

フィリップ・バーギン

製作総指揮

ミック・サウスワース

製作総指揮

マーティン・マッケイブ

製作総指揮

アンドリュー・フィリップス

製作総指揮

トッド・フェルマン

製作総指揮

マイク・オーレ

製作総指揮

ブライス・メンジーズ

製作総指揮

ロジャー・サヴェージ

製作総指揮

作品データ

原題
Escape from Pretoria
映倫区分
G
製作年
2020年
製作国
イギリス=オーストラリア
配給
アット エンタテインメント
上映時間
106分

[c]2019 ESCAPE FP HOLDINGS PTY LTD, ESCAPE FROM PRETORIA LIMITED AND MEP CAPITAL, LP [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    3.0
    2020/10/7

    10の鍵・・って、そのまんまの意味なのね。

    アパルトヘイトは本当に腹立たしいんだけど、獄中に話が突入してからは、あまりその色合いは出て来ない。
    ただただハラハラする。

    脱獄して逃げ隠れして暮らす事が権力への勝利かどうかは分からないけれど。

    ただ、白人社会の発言が、今も変わっていない・・と言う事は心に留めておきたい。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告
  • rikoriko2255

    ちゅに

    3.0
    2020/9/27

    反アパルトヘイトの2人の活動家が破壊活動で逮捕され、懲役刑を受けて服役する事になるが、自由を求めて脱獄を目指す。脱獄を題材にした作品はいくつもあるが、実話を基に描かれた本作は刑務所の作業から脱獄の計画作りなどリアリティがあり、最後までハラハラしながらスリルを楽しめた。

    違反報告
  • rikoriko2255

    dwpcs477

    4.0
    2020/9/25

    実話作品なので多分、一般的な監獄物に有りがちな囚人同士のいざこざが割愛?されているのかと思います。鍵の作成と使用方法に重点が置かれてます。ハリポタイメージが全く感じれません。アメリカの黒人事件も考えさせられる作品だと思います。

    違反報告
  • rikoriko2255

    くんくん

    4.0
    2020/8/6

    脱出系映画。アルパトヘイトの実話をもとにしていますが、文化的な内容はあまりなく、エンディングにある程度です。物語の主は脱出に悪戦苦闘する部分で、ハラハラしながらみられます。実話なのにどちらかというとエンターテイメントよりの作品でした。実際の人と俳優さんが似ています。
    ドキドキするけどタイトルから受けるような恐怖感はなく、血や殺しもないので安心してみられます。

    違反報告
  • rikoriko2255

    regency

    4.0
    2020/7/17

    これまでの脱獄映画で見られがちな「知力、体力、時の運」の要素を踏まえつつ、本作では「観察力」もプラス。
    脱獄道具をDIYする作品といえば『アルカトラズからの脱出』がすぐ思い浮かぶが、こちらはDIYするのが“鍵”というのが斬新。まるで銀行強盗のように閉ざされた扉を開けようとする彼らが奪おうとする物は、金品ではなく自由なのだ。
    脱獄映画にありがちな拷問・暴力描写も殆どなく、そういった意味でも従来の作劇パターンを外そうとする意欲を感じなくもない。もっとも、そのあたりを物足りないと感じる人もいるかもしれないけど。
    個人的には、脱獄映画の新たな秀作に挙げてもいいぐらい。

    それにしても、ダニエル・ラドクリフはキャリアを重ねるごとにクセのある役どころをあえて選んでいる印象。
    ジェイク・ギレンホールやジェイミー・ベル、イライジャ・ウッドもそうだが、子役出身の俳優というのは、成長するとクセだらけでパンチの利いた作品に出たがる法則でもあるのだろうか。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告