ライフ・イズ・カラフル! 未来をデザインする男 ピエール・カルダン|MOVIE WALKER PRESS
MENU
  • 映画TOP
  • 作品情報
  • ライフ・イズ・カラフル! 未来をデザインする男 ピエール・カルダン

ライフ・イズ・カラフル! 未来をデザインする男 ピエール・カルダン

2020年10月2日公開,101分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ファッションデザイナー、ピエール・カルダンの素顔に迫るドキュメンタリー。今も現役で活躍する97歳のレジェンドに密着。秘蔵映像や豪華ゲスト陣のインタビューを交えながら、未来的なコスモコール・ルックで若者を熱狂させたモード界の革命児の半生を辿る。監督は「HIT SO HARD/HOLEのドラマー、パティ・シュメルの生と死の物語」のP.デビッド・エバーソールとトッド・ヒューズ。

フォトギャラリー

予告編・関連動画

ライフ・イズ・カラフル! 未来をデザインする男 ピエール・カルダン

予告編

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1922年、イタリアに生まれたピエール・カルダンは、ファシズムが台頭する祖国からフランスへ脱出。ファッションの道へ進み、50年代初頭にはオートクチュール(高級仕立服)を始める。やがて、プレタポルテ(既製服)に業界で初めて本格参入。未来的なコスモコール・ルックで若者を熱狂させた。そんな彼が語るのは、先鋭的すぎてファッション界から敬遠された苦悩と反撃、女優ジャンヌ・モローとの運命的な恋、情熱を注いだ劇場運営、門前払いされた高級レストラン『マキシム・ド・パリ』のリベンジ買収……。さらに、ファッション後進国だった日本や人民服を着ていた中国に先陣を切って乗り込み、ファッションの楽しさを世界中に伝えたカルダン。ジャン・ポール・ゴルチエやシャロン・ストーン、ナオミ・キャンベル、森英恵、高田賢三、桂由美といった豪華ゲスト陣の証言から浮かび上がるのは、スキャンダラスな天才デザイナーのチャーミングな素顔と輝かしいレガシーであった……。

作品データ

原題
HOUSE OF CARDIN
製作年
2019年
製作国
アメリカ=フランス
配給
アルバトロス・フィルム
上映時間
101分

[c] House of Cardin - The Ebersole Hughes Company [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    keicyacom

    4.0
    2020/11/4

    ピエールカルダンの伝記に近い、ドキュメンタリー映画。
    90歳を超えても、現役で、ブランドを支えているカルダンの姿を、描いている。
    映画は、本人と周囲のインタビューや、過去の映像で構成されている。
    著名なモデルや日本人デザイナーのインタビューも興味深い。

    違反報告