アイの歌声を聴かせて|MOVIE WALKER PRESS
MENU

アイの歌声を聴かせて

2021年10月29日公開,108分
  • ムビチケ前売り券
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

『サカサマのパテマ』で文化庁メディア芸術祭アニメーション部門優秀賞を受賞した吉浦康裕が、原作、監督、脚本を務める青春群像劇。AIの不思議な転校生シオンと真面目な少女サトミとの友情を、歌が紡ぐ物語を描く。制作を「ワンパンマン」「斉木楠雄のΨ難」のJ.C.STAFFが手がけ、『海辺のエトランゼ』の原作者である紀伊カンナがキャラクター原案を担当する。声優には、土屋太鳳、福原遥、工藤阿須加、小松未可子、興津和幸、日野聡。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

景部高等学校に転校してきた謎の美少女シオンは、抜群の運動神経と天真爛漫な性格で一躍学校の人気者に。ある日、クラスでいつも一人でいるサトミを歌で勇気づけようとするが、実はシオンの正体は試験中のAIだった。正体を知ってしまったサトミと、幼なじみで機械マニアのトウマたちは、シオンに振り回されながらも彼女の歌声やそのひたむきな性格に感化されていく。 しかし、シオンのある行動が彼らを大騒動に巻き込んでしまうのだった。

作品データ

映倫区分
G
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
108分

[c]吉浦康裕・BNArts/アイ歌製作委員会 [c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    barney

    3.5
    14時間前

    ロボットやA.I.がこんなに生活になじんでる時代、そんな時代はすぐそこなのかな~ぁ?
    人間の心はすごい!!
    これからの時代、ロボットやA.I.もこの映画みたいに、心が宿るといいよね~ぇ。
    ミュージカルはディズニー調な感じだった。
    主人公シオンを演じるのは土屋太鳳だったんだけど、歌うまかったんですね。
    映像に歌声にちょっと聞き惚れちゃいました。

    違反報告