バチカンの嵐|MOVIE WALKER PRESS
MENU

バチカンの嵐

1989年1月27日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

カトリックの総本山バチカンと暗黒街とのつながりを1人の司祭の実話を通して浮き彫りにしてゆく。製作はフランク・ヤブランスとデイヴィッド・ニーヴン・ジュニア、監督は「ドク・ホリディ」のフランク・ペリー、ジャック・アラン・レガーの原作を基にエイブラハム・ポロンスキーとウェルデル・メイズが脚本、撮影は「容疑者(1987)」のビリー・ウィリアムズ、音楽は「太陽の帝国」のジョン・ウィリアムス(2)が担当。出演は「スーパーマン4 最強の敵」のクリストファー・リーヴ、ジュヌヴィエーヴ・ビジョルドほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

財政学の学位を認められ法王庁で働く司祭ジョン・フラハティ(クリストファー・リーヴ)は、ある日マフィアの娘と結婚した旧友ロド(ジョー・コルテーゼ)と再会し、闇物資により一財産築いている彼の親分アポリーニ(ジェイスン・ミラー)を紹介してもらい、法王庁の財政難を解決するため、彼との取引を約束させる。そんな折、ジョンは雨やどりをしている3人の尼僧を車にのせたことから、その中の1人クララ(ジュヌヴィエーヴ・ビジョルド)と恋におち、密会しやがて肉体関係を結ぶようになる。ところがローマ法王謁見の席でクララは、ジョンの姿を発見し今まで身分を隠して会っていた彼の真実を知るや、ジョンのもとから離れてゆくのだった。一方スイス銀行に凍結されているマフィアの資金を元手に財テクに成功していたジョンだったが、彼に内緒でロドが為替相場に手を出し、大赤字を出してしまう。枢機卿サントーニ(フェルナンド・レイ)失脚の機会をうかがっていた反主流派のヴインチ(アドルフォ・セリ)は部下のフランチェスコ(トーマス・ミリアン)を使ってスキャンダル探しに暗躍するが、結局全ては法王の手にゆだねられることになる。やがてロドはアポリーニによって殺害され、謹慎するジョンのもとに復帰を許す知らせが届くのだった。

作品データ

原題
Monsigonore
製作年
1982年
製作国
アメリカ
配給
20世紀フォックス
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?