ヒットパレード|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ヒットパレード

1951年12月7日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「虹を掴む男」のダニー・ケイとヴァージニア・メイヨのコンビが同じくサミュエル・ゴールドウィンの許で主演する1948年度テクニカラー喜劇、往年の「火の玉」の再映画化。「サンセット大通り」のビリー・ワイルダーとトーマス・モンローが脚色、「僕は戦争花嫁」のハワード・ホークスが監督に当った。撮影は「南部の唄」のグレッグ・トーランド、音楽はエミール・ニューマンとヒューゴー・フリードホファの共同担当である。上述主演2名の他「われら自身のもの」の脚本を書いたヒュー・ハーバート、「我等の生涯の最良の年」のスティーヴ・コクランらが出演するほか、特別出演として、ジャズ音楽界の一流メンバーである、ベニイ・グッドマン、トミイ・ドオシイ、ルイ・アームストロング、ライオネル・ハンプトン、チャアリイ・バアネット、メル・パウエル、ゴールデン・ゲイト4重唱団、ペイジ・キャヴァノ3重奏団らが顔を揃える。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ニューヨークにあるタトン音楽院では録音による音楽史を編纂していたが、民謡部分を担当しているフリズビ教授(ダニー・ケイ)は黒人の作業員から世間ではジャズやブギが全盛であることを聞き新音楽探求に街へ出た。各一流楽団の演奏を聴き、翌朝音楽院へ集まって録音するように頼んでから、彼は最後に歌姫ハニイ(ヴァージニア・メイヨ)に会った。彼女はすげなく彼を追い帰したものの、情夫のギャング、トニイ(スティーヴ・コクラン)が警察に追われはじめたことを知ると、身の危険を感じて音楽院に逃げ込んだ。謹厳な教授連は異様な美女の出現に閉口したが、彼女は頑として居すわってしまい、かくて翌朝フリズビ教授の指導でジャズ音楽史の録音が行われた。うぶなフリズビはハニイに一目で参ってしまったが、トニイから矢のような呼び出しを受けていた彼女は、ニュージャージーの父の家で結婚式を挙げようと教授たちを連れ出し、警察の目をごまかして情夫に会う算段をたてた。しかし途中車が故障し、田舎の宿で一泊したことからハニイは初めて教授たちの純真さやフリズビの愛情に打たれた。ギャングらは宿に押しかけ、ハニイを連れ去ったが、彼女は頑としてトニイとの結婚を承知しなかった。業を煮やしたトニイはハニイを連れて音楽院に出かけ、フリズビらの目の前で式を挙げはじめた。この時録音のため集まってきたジャズ・メンは、フリズビの指揮によって、音楽による攻撃を開始し、ついにギャングらを一掃した。かくて教授たちは再び音楽史に戻り、フリズビとハニイには新生活が訪れた。

作品データ

原題
A Song Is Born
製作年
1948年
製作国
アメリカ
配給
大映
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?