フーズ・ザット・ガール|MOVIE WALKER PRESS
MENU

フーズ・ザット・ガール

1987年10月31日公開,92分
  • 上映館を探す

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

無実の罪で刑務所生活を送っていた主人公が服役して事件の真相を迫求する姿をコメディ・タッチで描く。製作はロジリン・ヘラー、エグゼクティヴ・プロデューサーはピーター・グーバーとジョン・ピータース、監督はジュームス・ホーリー。アンドリュー・スミスの原案を基にスミスとケン・フィンクルマンが脚色。撮影はヤン・デ・ボン、編集はペンブローク・J・ヘリングが担当。出演はロック歌手のマドンナ、グリフィン・ダンほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

無実の罪を着せられて4年間も刑務所生活を送っていたニッキー(マドンナ)が、模範囚として仮釈放されることになった。しかしこれには条件がついた。釈放後すぐにバスでぺンシルヴァニアの実家に帰ること、2週間ごとに保護司と連絡をとること。ところが、ニッキーにしてみれば、真犯人を探し出し復讐したいという気持ちでいっぱいだった。一方、エリート弁護士ロードン(グリフィン・ダン)は、上司サイモン(ジョン・マクマーティン)の娘ウェンディ(ハヴィランド・モリス)との結婚式を明日に控えて大忙し。しかも、将来の義父から“囚人送迎サーヴィス”なる仕事も頼まれ、出所した囚人ニッキーを送ることになった。本来なら30分もあれば終わるはずのこの“サーヴィス”、途中、ニッキーが、ウェンディのママからロードンが借りているロールスロイスを壊したり、レコード・ショップで万引きしたりあげくの果てに、彼を急病人に仕立ててトンズラする始末。麻酔から醒めてあわててニッキーを追ったロードンは、彼女の捲きぞえをくって、さんざん危険な目にあってしまう。そんな時間を過ごすうちに、ニッキーは真犯人を探すのを手伝ってくれとロードンに頼むのだった。ニューヨークで自分を陥れたラウル(コーティ・マンディ)とその相棒の姿をみつけたニッキーは事件の発端となった書類の隠されている銀行の名をきいた。やっと金庫のキーを手に入れた2人だが、ウェンディがラウルに誘拐されたことで、またまた大騒動。途方に暮れたロードンが上得意のべル氏(サー・ジョン・ミルズ)の高級マンションヘ行くと、そこにはなんとニッキーがいた。ジャングルのような庭で、いつしか燃え上がる2人。翌朝、銀行へ行き、書類を手に入れるニッキー。しかし今日はロードンの結婚式。ひとりバスに乗ってロードンに別れを告げたニッキーだが、書類の中の写真を見て驚いた。中にはサイモンとウェンディ父娘が……。あわてて結婚式場に向かうニッキー。張本人は、父娘だったのだ……。

作品データ

原題
Who's That Girl
製作年
1987年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース映画
上映時間
92分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?