プーさんと大あらし|MOVIE WALKER PRESS
MENU

プーさんと大あらし

1970年3月21日公開,25分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

漫画映画「クマのプーさん」の続編。監督は「ジャングル・ブック(1967)」のウォルフガング・ライザーマン。A・A・ミルンの原作をラリー・クレモンス、ジュリアス・スペンセン、ラルフ・ライト、ヴァンス・ゲリーが脚色。イラストはアーネスト・H・シェパード、音楽はリチャード・M・シャーマンがそれぞれ担当。テクニカラー、スタンダード。1968年作品。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

大風の火、クマのプーさんと仲よしのコブタ君は、フクロウの家まで飛ばされてしまいました。ところが、大風でフクロウの家も、壊されてしまいました。そこへクリストファ坊や、ロバのイーヨー、ウサギ、カンガルーが駆けつけてきて、イーヨーが新しい家を探してやることになりました。その夜、プーさんのところへトラのティガーがやってきて、ずうずうしくふるまい、プーさんをこわがらせたりしました。そのうち、風だけでなく大雨も降りはじめ、森の動物はみんな丘の上のクリストファ坊やの家へ集まりました。ところが、プーさんとコブタ君が水に流され、滝つぼの中へ落ちてしまいました。やがて、ハチミツのつぼに乗ったプーさんが流されてきたので、皆で助け上げると、偶然にもその中にコブタ君が入っていました。そこでプーさんは英雄にされ、パーティーが開かれることになりました。そして、フクロウのために自分の家をゆずった親切なコブタ君は、親友のプーさんの家でいっしょに暮らすことになったのです。(ブエナ配給*25分)

作品データ

原題
Winnie the Pooh and the Blustery Day
製作年
1968年
製作国
アメリカ
配給
ブエナ
上映時間
25分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?