ペイルライダー|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ペイルライダー

1985年9月21日公開,0分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ゴールド・ラッシュでにぎわうカリフォルニアの無法の町を舞台に、町の権力者を一掃する流れ者の姿を描く西部劇。製作・監督は主演も兼ねる「シティヒート」のクリント・イーストウッド、エグゼクティヴ・プロデューサーはフリッツ・マーネイズ、脚本はマイケル・バトラーとデニス・シュラック、撮影はブルース・サーティーズ、音楽はレニー・ニーハウス、編集はジョエル・コックスが担当。出演はイーストウッドの他にマイケル・モリアーティ、キャリー・スノッドグレスなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ゴールド・ラッシュ時代のカリフォルニア。マウンテン峡谷から枝別れしている無数の小さな峡谷の一つ、カーボン峡谷。他の峡谷が、大きな鉱山会社を経営するラフッド(リチャード・ダイサート)一家に牛耳られている中で、このカーボンだけは、ラフッド一家の手から逃れられているが、その陥落も時間の問題だった。15歳の少女ミーガン(シドニー・ペニー)母のサラ(キャリー・スノッドグレス)と、その婚約者ハル・バレット(マイケル・モリアーティ)は、このカーボンの村に暮らしていたが、この日もラフッド社のいやがらせに遭い、ミーガンは愛犬を失った。犬の墓前で、神に奇跡を願うミーガン。その祈りに応えるかのように、ラフッドの町に1人の男が向かっていた。村の修復のための材料を調達に行った町で、再びラフッド社のいやがらせを受けたハルを、例の男(クリント・イーストウッド)が救った。ハルが彼を連れて村に帰ると、ミーガンは彼を神につかわされた男だと直感した。しかしサラは、ならず者とは夕食を共にしたくないと、男に反感を抱いた。しかし、夕食の席に出てきた男は、銃は持たず牧師(プリーチャー)の僧服を着ていた。皆は彼をプリーチャーと呼んだ。翌朝、ラフッドの息子ジョッシュ(クリストファー・ペン)が大男のクラブ(リチャード・ギール)を伴ってきのうの返礼にやってくる。しかし威力を誇示するジョッシュとクラブを、プリーチャーは、軽くかわした。一方、今の採掘法はあと2年もしたら禁じられるだろうという情報を仕入れて町に戻ったラフッドは最後の切り札を川意した。鬼よりこわいと恐れられている連邦保安官のストックバーン(ジョン・ラッセル)とその副官たちに始末をつけさせるというものだ。ストックバーンの名を聞くと、プリーチャーの表情が一瞬こわばった。ストックバーンらが町に乗り込んでくると、プリーチャーは姿を消した。彼に好意を寄せつつあったサラとミーガンは、プリーチャーの行方が気になり、割り切れない気持ちでいた。鉱夫のひとり、スパイダーが、金鉱を掘り出し浮かれて町に出た時、ストックバーンらの手にかかって無惨に殺された。一方、ミーガンがラフッドの作業場でジョッシュに乱暴されそうになるところを、牧師のカラーを取りはらって銃を身につけたプリーチャーが救った。ストックバーンの挑戦を受け、町で対決が行なわれる日の前夜、サラがプリーチャーを訪れ、彼に愛を告白しつつ別れをおしんだ。当日、同行を求めたハルをふり切って、プリーチャーは町に向かった。埃の舞う町で銃撃戦が展開される。副官が次々に倒れ、ついにストックバーンとプリーチャーが対面する。プリーチャーの顔を見たストックバーンは凍りついたようにつぶやいた。「まさか、お前が…」。一瞬のうちにストックバーンの身体を6発の弾丸が貫いた。プリーチャーの背中にある6つの傷跡とちょうど同じ位置だった。町を去る男の耳に、追ってきたミーガンの声が響いた。「プリーチャー」…。

作品データ

原題
Pale Rider
製作年
1985年
製作国
アメリカ
配給
ワーナー・ブラザース
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    みるみる

    4.0
    2019/5/14

    イイ!とても良い!
    私の好きなスパーの音がすごく響いて銃声が甲高くてこれぞ西部劇ですね。シングルアクションの早撃ちもたまりません。
    雪の残る美しい風景や馬の扱いも楽しみの一つですし、ゴールドラッシュの時代背景や思春期の少女の告白、揺れる母親の想いなどが織り交ぜられ話も分かりやすい。そしてイーストウッドが素敵ったらないです。
    「シェーン!」と叫びたくなるラストは名作への敬意でしょうか。そっちもまた見たくなるなぁ。

    違反報告