密林の豹人|MOVIE WALKER PRESS
MENU

密林の豹人

1957年7月24日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ミッキー・ルーニイ・プロが製作したジャングル活劇。ジョン・フェントン・マレイとベネディクト・フリードマンの共同脚本をジョージ・ブレアが監督、「硝煙のユタ荒原」のバッド・サッカリーが撮影監督を担当した。音楽はヴァン・アレクサンダー。主演は「ジャングル・ブック(1942)」のサブーと「テキサス街道」のチキタ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

獰猛な原住民、モティロン族の住むアマゾン河流域に豹狩にきた英国の民族学者パウェル博士の一行に加わってきた1人の青年ファノ(サブー)は、かつて、この密林で罠にかかっているところを博士に助けられ、その養子として育てられたという身の上。この旅行にファノは自分の生まれた環境に帰ることによって獰猛なモティロン族の本性を発揮しないかと恐れていた。一方、この一団にはペイリイとラングの2人のアメリカ人が加わっていたが、彼らは豹狩にかこつけ石油資源を調査、一儲を企んでいた。豹狩の始まったある日、博士の秘書で美しいリタ(チキタ)がファノの大学入学許可を伝えに船の船長に連れられ一行のもとへきた。リタはファノを愛し文明人として勉学に励むよういつも願っていた。ところが、彼女を連れてきた船長が豹のような爪で裂傷を受手殺され、つづいて石油資源を秘かに発見したベイリイが同じように殺されるという事件が起こった。殺害場所が宿営の中だったので嫌疑はモティロン族の血をひくファノにかかった。翌晩ファノは手足を縛って寝たが、その夜博士が殺され、ファノの手足の縄はとけていた。これを見て、原住民の血が無意識のうちに殺人を犯させると思いつめたファノは最早すべてを諦め原住民に加わろうと集落へ行った。が、彼を追ってきたリタが豹に襲われ、その上同族ながら自分を殺そうとするモティロン族を目のあたり見たファノは、リタを助け集落を脱出した。2人は宿営地へ急ぐが、途中意外にも豹の毛皮を着たラングが石油資源をかぎつけた作業人チーフを殺そうとしているのを発見。これまでの殺人事件のからくりを知った。ファノはラングを追いつめ、身退谷まったラングは川に落ち人喰魚の餌食となった。ファノとリタは新しい希望に燃えて文明社会へと戻ることになった。

作品データ

原題
Jaguar
製作年
1956年
製作国
アメリカ
配給
リパブリック=NCC
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?