メル・ブルックス 逆転人生|MOVIE WALKER PRESS
MENU

メル・ブルックス 逆転人生

1991年10月12日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

賭けに応じてスラム街で暮らすことになった大富豪の人生を描く。メル・ブルックスが「スペースボール」以来4年ぶりに監督を手がけるコメディで、他に製作・脚本・主演も努める。エグゼクティブ・プロデューサーはエズラ・スワードロウ、共同脚本はルディ・デ・ルカ、スティーヴ・ハーバーマンとロン・クラーク、撮影はスティーブン・ボスター、音楽はジョン・モリスが担当。共演はレスリー・アン・ウォーレン、ジェフリー・タンバー他。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ロサンゼルスの大富豪で伝説的なビジネスの天才ゴダード・ボルト(メル・ブルックス)は、ダウンタウンのスラム街にボルト・シティを建設する計画に情熱を傾けていた。だが、彼の最大のライバル、バンス・クラスウェル(ジェフリー・タンバー)と土地を巡ってぶつかり、ボルトはバンスの提案した「金もカードもなくスラム街で30日間生きぬいたら自分の所有地をやる」という賭けに乗り、その間の事業をプリチャード(スチュアート・パンキン)ら3人の弁護士に任せて、浮浪者のなりでスラムにやって来た。だが現実のスラムは厳しく、ボルトは一夜の宿にも困る始末だったが、バッグ・レディのモリー(レスリー・アン・ウォーレン)に出会い、助けられる。彼女を通して人間の生き方や考え方についても大きな変化が起こってくるが、一方バンスは、この賭けを反故にして、プリチャードらを買収してボルトの会社を乗っ取ってしまう。ショックを受け一時は錯乱してしまうボルトであったが、バンスがスラム街をシャベル車で破壊しようとするとついに怒りが爆発、シャベル車を奪ってバンスを追い詰め、彼の敗北を認めさせた。こうして会社に帰り咲いたボルトは、モリーとスラム街での結婚式を迎えるのであった。

作品データ

原題
Life Stinks
製作年
1991年
製作国
アメリカ
配給
20世紀フォックス
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?