森の男(1926)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

森の男(1926)

1926年公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「西部魂(1926)」「快傑義涙」に続くジャック・ホルト氏主演西部活劇で、原作者監督者共に右記二映画と同じくゼーン・グレイ氏及びジョン・ウォーターズ氏で、脚色はフレッド・マイトン氏、ホルト氏相手女優は「雨製造者」「黄金狂時代」等出演のジョージア・ヘール嬢で、「霧の裏街」出演のワーナー・オーランド氏、「女心を誰か知る」出演のエル・プレンデル氏を始め、ジョージ・フォーセット氏、トム・ケネディー氏等が共演している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

アメリカ西部の荒野に「森の男」として知られているブレット・デールはある時クリント・ビースリーという悪人の一味がアル・ゲイナーという老人の牧場を横領するためその姪のナンシーを拐かそうとしていることを知った。ナンシーは伯父の牧場を引きつくため遥々東部から来ることになっていたがビースリーは早くも彼女を邪魔物と考え、ゲイナーの牧童頭ムルビーを丸め込んで停車場と牧場の間で拐かすことにしていた。日頃ゲイナーと仲の良いデールは早速このことをゲイナーに知らせる筈だったが都合よくビースリーを捕らえたので、シエリフは甞てビースリーと気脈を通じていたものかその告訴を聞き流しに却ってデールを罪人に仕様とする風さえ見えた。デールは大いに決するところがあって翌日自らナンシーをムルビーの馬車から奪い去った。しかし東部から来たばかりのナンシーは事情が解らないため却ってデールを悪人だと誤解した。ムルビーは帰ってゲイナーにデールがナンシーを拐かしたと報告した。ゲイナーはそれを信じなかったが兎に角皆で探すこととし、牧童等とビースリー一味とシエリフのブレークも加わって翌朝デールの山小屋は押しかけて彼を捕らえた。デールは拐かしたのではなく救ったのだと云ったが兎に角ゲイナーに逢った上で是非を決することになった。帰って見るとゲイナーは死んでいたのでデールは益々不利な立場になり牢屋に入れられ間もなく死刑に処せられ様としたがこの時既にムルビーがビースリーの命に依って解雇した牧童共がビースリーの陰謀だと悟ってデールを救い、悪漢等を掃蕩したのであった。

作品データ

原題
Man of the Forest
製作年
1926年
製作国
アメリカ
配給
パラマウント支社
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?