モロッコ城塞|MOVIE WALKER PRESS
MENU

モロッコ城塞

1952年8月28日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

製作者ジョゼフ・N・エルモリーフが書いたストーリーをチャールズ・グレイスンとポール・デ・サンテ・コロームが共同で脚色し、「片眼のジョニー」のロベール・フローリーが監督した1949年作品。撮影にはルシエン・アンドリオット(「片眼のジョニー」)、作曲にはミシェル・ミシュレが当たった。主演は「大雷雨」のジョージ・ラフトと「東は東」のマリー・ウィンザーで、エイキム・タミロフ、ジョン・ライテル、エドワード・フランツらが助演する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1919年のモロッコ、テスケットに駐屯する仏蘭西軍のジェラード大尉(ジョージ・ラフト)は奥地に原住するアラブ族のベル・ラシャッドの大守の娘カラ(マリー・ウィンザー)を護衛して、彼女の父の宮殿まで送り届ける命令を受けた。カラは巴里で教育を受けた美しい娘で、すでに大尉と知り合っており、お互いに好意を抱いていたので、2週間の楽しい旅を続けたが、ベル・ラシャッドの宮殿についてみると、大守は仏政府に反逆をたくらんでいることが分かった。ジェラードがいったん報告に帰った後、こんどは原住民に変装してベル・ラシャッドにひきかえしたが、正体を見破られ、危ういところをカラに救われて司令部の砦に帰った。ジェラードはグリスコ中尉(エイキム・タミロフ)とともにテスケッドから援軍をひき連れて、アラブ族の反逆に対抗することになったが、司令部の砦に着いてみると、すでにアラブ族のために全滅していた。そこでジェラードが指揮をとり、ベル・ラシャッドに行ってみると、大守と反軍の一隊は姿を消していて、カラだけが残っていた。カラはジェラードとの再会を歓び、単身父のもとに行って反逆を思いとどまるよう諫言したが、きき入れられなかった。アラブ族の中には反逆を喜ばぬものも多くなったが、太守はひとり砦に向かい、カラもその後を追って、2人は鉱山の爆薬で不慮の最期をとげてしまった。アラブ族は帰順を誓った。ジェラードはひとり淋しくカラの想い出に耽けるのだった。

作品データ

原題
Outpost in Morocco
製作年
1949年
製作国
アメリカ
配給
ユナイテッド・アーチスツ日本支社
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?