ユーコンの侠児|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ユーコンの侠児

1928年公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ウィリアム・マクレオド・レイン氏の「永遠の沈黙」The_Eternal_Silenceに基づき、チャールズ・ローグ氏が脚色し、長らく活劇を撮っていたエルンスト・レムレ氏が監督したもの。主役は「脚光の影」「ある男の一生」出演のニール・ハミルトン氏、「彗星雲を衝いて」「裁かれる魂」出演のフランシス・X・ブッシュマン氏、及び「白牙に衂りて」出演のジューン・マーロウ嬢の3人で、それを助けてセオドア・ローチ氏、オーティス・ハーラン氏、バー・マッキントッシュ氏などが出演する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

千八百九十八年、アラスカに金鉱が発見され、ハドソン湾会社以来のアラスカ熱が湧き返って、老若の採掘者が狂気のようにアウロラの影を慕って出発した頃の物語である。採掘者で出来たローソン市はシャードンの酒場に、時として現れる奇怪なマッケーという半狂の老人があった。彼は莫大な沙金鉱を所有しているらしかった。ジャックとコルビーという若い採掘者は、道に迷いマッケーの秘密の小舎に避難したが、半狂の老人と争って、遂に殺してしまう。冬が明けて、ローソン市に春が訪れて、若いシェーラという娘が父親を探しに来た。腹黒いシャードンの手が世馴れぬシェーラの周囲に伸び様とするのを、ジャックとコルビーとは何か観過出来ない様な気がして注意していたが、一日遂に進んで助力を申し出た。ところがこのシェーラこそは2人が山の小舎で殺害したマッケーの娘であることが判ったので、ジャックとコルビーも悩んだ。その内シェーラは2人と共に山の小舎に来て棲む様になり、2人は彼女を同じ様に恋し始めた。警察の調ベが進んで、マッケー殺害者探索の手が伸びて行き、何も知らないシェーラが若いジャックを想っているのを知り、希望のなくなったコルビーは自首して出る。一方、ジャックはシェーラにマッケー老人の死んだ顛末を告白する。コルビーは無罪となったが、元の小舎には戻らない。警官に礼を云って、彼は廻って来た冬の吹雪の中を当もなく足の向く侭に進んで行った。狂燥と苦悩の日の後、シェーラはジャックを宥すが、若い2人の恋人は不運なコルビーのことをどの程度に気の毒に思ったかはよく判らない。

作品データ

原題
The Grip of The Yukon
製作年
1928年
製作国
アメリカ
配給
ユニヴァーサル支社
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?