幽霊は臆病者|MOVIE WALKER PRESS
MENU

幽霊は臆病者

1951年4月10日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

オスカー・ワイルドの短篇「カンタヴィルの幽霊」をエドウィン・ブラムが現代風に脚色、「裸の町」のジュールス・ダッシンが監督した1944年度作品で、製作は「若草の頃」のアーサー・フリード。「下町天国」のロバート・プランクが撮影、ジョージ・バスマンが音楽を担当する。「大時計」のチャールズ・ロートン、「若草の頃」のマーガレット・オブライエン、「北西への道」のロバート・ヤングを中心にウィリアム・ガーガン、ラグ・ラグランド、ユーナ・オコナー、ピーター・ローフォードらが助演する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

英国で最も恐ろしい幽霊として知られる「カンタヴィル家の幽霊」はその実大の臆病者。英国へ進駐してカンタヴィル家に泊まったアメリカのGI達は最初の晩から彼に悩まされたが、カフィ2等兵(ロバート・ヤング)は殊に彼に興味をもち、この家のジェシカ姫(マーガレット・オブライエン)と共にしばしば彼と話し合った。子孫に勇者が出れば成仏出来るというこの幽霊は偶然カフィがカンタヴィルの末裔であることを知って大いに期待をかけたが、いざ実戦に出動してみるとカフィも実は臆病者で、直ちに本国帰還を命ぜられる始末。ところへ邸の裏庭へ敵が落下傘で時限爆弾を落した。カフィは恐ろしくて手が出なかったが、ジェシカに泣いて励まされ、決死の処理を敢行して見事付近で演習中の連合軍を救うことができた。かくて幽霊も目出度く成仏、カフィとジェシカは再び一緒に生活することができるようになった。

作品データ

原題
The Canterville Ghost
製作年
1944年
製作国
アメリカ
配給
セントラル
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?