レベルポイント|MOVIE WALKER PRESS
MENU

レベルポイント

1979年7月7日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

未来への脱出口を求めて不満を爆発させ、ついには大人社会へ衝撃的な反乱を起こす子供たちを描く。製作はジョージ・リットー、監督は「Mr.ビリオン」のジョナサン・カプラン、脚本はチャーリー・ハス、ティム・ハンター、撮影はアンディ・ディヴィス、音楽はソル・カプランが各々担当。出演はマイケル・クレイマー、マット・ディロン、パメラ・ルドウィヒ、ヴィンセント・スチュワート、トム・ファーガス、タイガー・トムプソン、ハリー・ノーサップ、アンディ・ロマノ、エレン・ギールなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1978年、サンフランシスコの新興都市ニューグラナダ。ある日曜日の午後、フリーウェイにかかる陸橋から、下を通りかかったハイウェイパトロールの車窓をB・Bライフルで打ち破ったものがいた。犯人は地元の中学生マーク(ヴィンセント・スチュワート)らだ。彼らは逃げる途中、たまたま、そこに居合わせた14歳の少年カール(マイケル・クレイマー)とリッチー(マット・ディロン)と衝突してしまい、カールとリッチーの2人が、同地区担当の巡査部長ドーバーマン(ハリー・ノーサップ)に連行されてしまった。陸橋から逃げた者たちの名前を聞き出そうとするドーバーマンに、友達の密告を働くようなことはできないとリッチーは断固として答えなかった。カールの父フレッド(アンディ・ロマノ)は地位も財産もある申し分のない生活を送っており、息子が不良たちと付き合っていることを嘆いていた。そのころ、ニューグラナダの町にテキサスの億万長者が工場を建てるためにやってくることになり、それを知ったカールは妙な胸騒ぎを感じた。翌日ニューグラナダ中学校では特別ミーティングが開かれ、校長が昨日のフリーウェイでの事件を持ち出し、生徒達を注意した。その晩、友達とのドンチャン騒ぎを終えて、1人帰宅する途中、カールは、警察に自分たちのことをカールに密告されたと思っていたマークらに襲われた。血だらけで家に帰ると、丁度、住宅協会長が来ていて、不良少年がたむろする町のリクリエーションセンターを閉鎖するなど、不良たちをテキサスからの客の目から離すための事を相談していた。しかし、当日、テキサスからの客は、カールの仕掛けた爆竹のいたずらでカンカンに怒り、工場建設の話も白紙に戻ってしまった。カールにはコーリー(パメラ・ルドウィヒ)という大好きな女の子がいて、彼にとって唯一の心のよりどころだった。ある日、裏切った仲間の1人を制裁にかけた件で、カールとリッチーは再びドーバーマンに追われることになり、激しいカー・チェイスの末、車の外に出たリッチーがドーバーマンの銃で撃ち殺されてしまう。翌日、中学校では、リッチーの死亡事件に関するPTAが開かれ、その講堂の外に、カールを先頭にして大人達への怒りに燃えた子供たちが集まってきた。そして、子供たちの怒りがピークに達し、狂気じみた破壊工作を展開するが、やがてカールが、その主謀者として逮捕され、少年刑務所へ送られるのだった。

作品データ

原題
Over the Edge
製作年
1978年
製作国
アメリカ
配給
日本ヘラルド映画
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?