633爆撃隊|MOVIE WALKER PRESS
MENU

633爆撃隊

1964年7月25日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

フレデリック・E・スミスの原作を「大脱走」のジェームズ・クラベルと「カサブランカ」のハワード・W・コッチが共同で脚色、ウォルター・グローマンが演出した戦争ドラマ。撮影はエドワード・スケイフ、音楽は「人間の絆」のロン・グッドウィンが担当した。製作はセシル・F・フォード。出演は「あしやからの飛行」のジョージ・チャキリス、TVのクリフ・ロバートソン、新人マリア・パーシーのほか、ハリー・アンドリュース、ドナルド・ヒューストンなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1944年、第2次大戦の戦局は大詰めに近づいていた。英国のサトン・クラドック空軍基地にエリック(ジョージ・チャキリス)が派遣されてきた。エリックはノルウェーの地下組織「リンゲ」のリーダーで、ドイツ軍燃料工場爆破の情報を持ってきたのだ。デイビス空軍少将(ハリー・アンドリュース)は633爆撃隊長グラント(クリフ・ロバートソン)、バレット部隊長(ドナルド・ヒューストン)、情報将校ビル(マイケル・グッドリーフ)を集め、直ちに戦略会議を開いた。この計画を達成するには633爆撃隊が目的地に到着する前に、エリックの地下組織隊員がドイツ軍の高射砲陣地を破壊しておかなければならない。爆撃隊の面々は、酒場「ブラック・スワン」にたむろし、敵の目をあざむいて、その日を待った。そんなある日エリックの妹ヒルデ(マリア・パーシー)が酒場を訪れた。しかしエリックはヒルデに秘密を打ち明ける間もなく情報局からの命令で、ノルウェーに帰った。グラントは残された妹ヒルデを何くれとなく世話し、2人の間に愛が芽生えた。そんな時、グラントのもとにノルウェーのゲシュタポ指令本部を爆破せよという命令が下った。エリックがゲシュタポに捕らえられ、彼の口をふさぐための工作だった。633爆撃隊はゲシュタポ本部を爆破した。しかしエリックは激しい拷問に耐えかねて自白し、地下組織軍はドイツ軍のために全滅した。そうとは知らぬ爆撃隊はその時敵地に侵入していた。直ちにグラントに帰れの通信が打たれた。しかし隊員は誰1人として引き返そうとしなかった。爆撃隊は敵の砲火をかいくぐり工場を爆破した。が、633爆撃隊は全滅した。その頃基地ではグラントを一心に待つヒルダの姿があった。

作品データ

原題
633 Squadron
製作年
1964年
製作国
アメリカ
配給
ユナイテッド・アーチスツ
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

  • rikoriko2255

    やまひで

    2.0
    2008/8/19

    この戦争映画は、飛行シーンなどはその当時(1964年作)の特撮技術としては上質で、モデルを使用していることの違和感が余りないのではあるが、残念ながら戦争の中での人間の、生と死を賭けたドラマがよく描けていない。そのような難点はあるものの、この作品、一見の価値はあると思う。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告