ローマの奴隷市場|MOVIE WALKER PRESS
MENU

ローマの奴隷市場

1961年12月27日公開,0分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

史上有名なファビオラの物語をデュッチオ・テッサーリとステファノ・ストルッチが脚本化したものを、ドイツ映画会のヌンツィオ・マラソンマが監督した歴史劇。撮影担当はセチリオ・パニアガ。音楽はフランチェスコ・ラヴァニーノの担当。出演するのはロンダ・フレミングとその夫のラング・ジェフリーズなど。製作はパオロ・モッファ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

西暦300年。マクシミリアン皇帝時代のローマ。圧政に苦しむ人民は国法を犯してキリスト教に次々と帰依していった。秘密警察のコルビノは教徒を捕らえて迫害を続けていたが、信徒の数はますます増えていた。ローマ一の富豪の娘クローディア(ロンダ・フレミング)は奴隷のヴィデオ(ラング・ジェフリーズ)に心ひかれていたが彼がキリスト教徒と知って驚いた。ある夜ヴィデオたちに危機を知らそうと集会所へ駆けつけたクローディアはコルビノに捕らえられてしまった。しかし彼女はヴィデオの活躍でようやく牢獄を脱出し、皇帝に直訴して財産を取り返した。大競技場でキリスト教徒が大量虐殺される日、ヴィデオたちは地下道から競技場になだれ込んだ。しかしライオンに食い殺され、十字架にかけられ、教徒は次々と死んでいった。今はこれまで固く抱き合ったクローディアとヴィデオだったが、観衆の中から恩赦の叫びが上がり教徒たちの命は助けられた。

作品データ

原題
Revolt of the Slaves
製作年
1961年
製作国
アメリカ
配給
ユナイテッド・アーチスツ映画
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?