『青くて痛くて脆い』吉沢亮、杉咲花、柄本佑が赤裸々に語る、SNSとの付き合い方|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

インタビュー 2020/9/3 17:42

『青くて痛くて脆い』吉沢亮、杉咲花、柄本佑が赤裸々に語る、SNSとの付き合い方

『青くて痛くて脆い』で共演した吉沢亮、杉咲花、柄本佑
『青くて痛くて脆い』で共演した吉沢亮、杉咲花、柄本佑撮影/河内 彩

「君の膵臓をたべたい」で知られる住野よるの同名小説を実写映画化した『青くて痛くて脆い』(公開中)で共演した吉沢亮、杉咲花、柄本佑を直撃。それぞれが感じたお互いの印象や、“青くて痛くて脆かった”青春時代の苦い思い出について、語ってもらった。

吉沢は、人づき合いが苦手な大学生の田端楓役を、杉咲は自分の信念が強すぎて周囲から浮いてしまう秋好寿乃役を演じた。2人は大学で出会い、「世界を変える」という目標を掲げる秘密結社サークル「モアイ」を立ち上げる。柄本はモアイを外部から支援する脇坂役を務めた。

WEB用_青くて痛くて脆い_サブ02(PC壁紙画像・携帯待受画像には使用できません)
WEB用_青くて痛くて脆い_サブ02(PC壁紙画像・携帯待受画像には使用できません)[c]2020「青くて痛くて脆い」製作委員会

――吉沢さんと杉咲花さんは、映画『BLEACH』(18)でも共演されていましたが、ここまでがっつりと相手役を演じるのは今回が初めてだったそうですね。共演してみていかがでしたか?

吉沢「一緒にお芝居をさせていただく前から、すてきな女優さんという印象があったので、いつかしっかりとご一緒してみたいと思っていたら、このお仕事をいただきました。
杉咲さんは、いい人オーラが出ていて、笑顔の印象が強いです。人を傷つけることをしない人で、すごく安心感があり、一緒にお芝居をしていてとても楽しかったです」

杉咲「うれしいです。吉沢さんとは、最初に楽しいシーンから撮っていったので、時間が経つにつれて、徐々に打ち解けてくださった感覚がありました。吉沢さんは誰に対してもフラットで、やさしい方。ちゃんと自分の意見を伝えつつも、気を遣いながら心地いい距離感でいてくださるので、すごく勉強にもなりました」

――杉咲さんと柄本さんはNHK大河ドラマ「いだてん」で夫婦役を演じ、今回はカップルになるという役どころでしたが、共演シーン自体は少なかったですよね。

杉咲「確かにカップルらしい2人のシーンは、ほぼなかったです」

柄本「実は『いだてん』の時も『結婚しましょう』と言って2人で写真を撮ったけど、夫婦生活のシーンはまったく描かれませんでした(苦笑)」

――今回、また共演してみて、お互いの印象はいかがでしたか?

柄本「脚本で抱いた秋好のイメージが、そのまま立体的にパンと出てきた感じで、とてもハマっていると思いました。杉咲さんの声は、一瞬細く思えるけど、意志がのっかると、非常に厚みのある声になります」

杉咲「ありがとうございます。脇坂はすごく個性的なキャラクターだから、秋好と共鳴できる部分があったんだろうなと思いました」

関連作品

  • 青くて痛くて脆い

    3.5
    411
    作家、住野よるの同名青春サスペンス小説を原作に吉沢亮×杉咲花W主演で実写映画化
    Amazon Prime Video Netflix