吉永小百合主演『いのちの停車場』写真のように緻密な“鉛筆画”ビジュアル解禁|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2020/12/14 7:00

吉永小百合主演『いのちの停車場』写真のように緻密な“鉛筆画”ビジュアル解禁

終末医療の現場を記した同名小説を、吉永小百合主演で実写化した映画『いのちの停車場』の公開日が2021年5月21日(金)に決定。あわせて、鉛筆画家、古谷振一が手掛けたティザービジュアルが解禁された。

都内の終末期医療専門病院で医師として勤務する傍ら、作家として「サイレント・ブレス」や「ディア・ペイシェント」といった、医療をテーマにした小説を世に輩出してきた南杏子原作による本作。現代日本の長寿社会における医療制度の問題点や、尊厳死、安楽死といったタブーに正面から向きあっており、それらに携わる医師や患者、その家族の物語が描かれている。

主人公の咲和子を演じるのは、日本映画業界を代表する女優、吉永小百合。ほかメインキャストとして、松坂桃李や広瀬すず、西田敏行といった実力派俳優が名を連ね、命に寄り添う“まほろば診療所”のスタッフを体現していく。

今回解禁されたティザービジュアルは、吉永、松坂、広瀬、西田のメインキャストがモノクロで配置されている。彼らの肖像は写真ではなく、富山市在住の鉛筆画家、古谷振一によって描かれたもので、繊細に表現されていながらも、鉛筆ならではのあたたかな雰囲気あふれるものとなっている。その鉛筆画のバックには場面写真も散りばめられ、まほろば診療所メンバーや、訪問者たちの優しいやりとりを覗き見ることができる。

公開日も決定し、ますます期待が高まる本作。豪華キャストによって紡がれる、“いのちと家族の物語”とはどういったものなのか、彼らの行方に注目したい。

文/サンクレイオ翼

関連作品

  • いのちの停車場

    4.0
    203
    現代医療制度のタブーに携わる医師と患者、その家族を描いた南杏子の小説を映画化