松坂桃李が映画『モンスターハンター』で“日本語一切なし”の吹き替えに挑戦!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2021/1/14 8:00

松坂桃李が映画『モンスターハンター』で“日本語一切なし”の吹き替えに挑戦!

「バイオハザード」シリーズのポール・W・S・アンダーソン監督がミラ・ジョヴォヴィッチ主演で人気ゲームを実写化した『モンスターハンター』(3月26日公開)。同作に松坂桃李が吹き替えキャストとして参加することが決定。あわせて本田貴子、大塚明夫、杉田智和、宮野真守、井上麻里奈、中村悠一、花江夏樹ら共演声優陣も解禁となった。

【写真を見る】吹替えには松坂桃李のほか、本田貴子、大塚明夫、宮野真守、花江夏樹らモンハン好きな声優が集結!
【写真を見る】吹替えには松坂桃李のほか、本田貴子、大塚明夫、宮野真守、花江夏樹らモンハン好きな声優が集結![c] Constantin Film Verleih GmbH

シリーズ累計6,500万本以上を売り上げ、“モンハン”の愛称で親しまれるゲームを原作とする本作。松坂が声をあてるのは、異世界からやってきたアルテミス(ジョヴォヴィッチ)のバディ“ハンター”(トニー・ジャー)。アルテミスと共に超巨大モンスターに立ち向かう重要な役どころとなる。

モンハン世界のオリジナル言語を話すという難役に松坂は「なんと表現したらよいかわからない不思議な言語のセリフ」と戸惑いながらも、自身もモンハンのヘビープレイヤーということで「通常のアフレコの時とは違い、自分自身がプレイヤーとしてファンタジーな世界に入り込んだような感覚になりました」とコメント。


またアルテミス役の本田は「ゲーム『モンスターハンター』のいちファン、プレイヤーとしてこんな嬉しいオファーはありません」とコメントするなど、松坂と同様、本作に集結したモンハンが大好きな豪華声優陣がそれぞれに“モンハン愛”を語っている。

日本ではいまだ詳細が明かされていない『モンスターハンター』。実写版ではどんなハンティングが繰り広げられるのか?ボイスキャストのコメントをかみしめつつ、公開を楽しみに待とう。

関連作品