本当は実在してる!?宇宙人と戦う超国家機関MNUが隊員募集中!|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2010/2/20 19:17

本当は実在してる!?宇宙人と戦う超国家機関MNUが隊員募集中!

“FOR HUMANS ONLY”と奇妙なイラストが書かれた広告ポスターで全米の人々の注目をかっさらい、見事、全米初登場1位を獲得した衝撃作『第9地区』(4月10日公開)。宇宙人と人間とが共同生活を送る“第9地区”を舞台に、彼らの立ち退きを通告する超国家機関MNUがある事件を招くさまを描いたSFアクションだ。

ところで、この超国家機関MNU、宇宙人との争いを解決するべきく結成された組織なのだが、そのいかにもなネーミングゆえに「実在する組織なのでは?」と思っている人も多いようだ。もちろんこれは映画の中だけの話だが、本作の公式HPでは、MNUが実在しているかのように思わせる変わった試みが展開中だ。

まず、サイトにアクセスして目に入るのがMNU隊員募集のお知らせ。そこに提示された入隊希望者向けの9つの条件が面白い。いくつか例を挙げると「映画好きであることはもちろん、モバギア&つぶやきが得意である」や「隊長の命に従い、つぶやくこと、黙っていることの双方を守れること」といった、独特のルールばかりでちょっと笑える。

また、サイト内ではこれだけでなく、MNUの活動をアピールする動画や現在の事業、将来のビジョンなども、まるで本物の企業サイトのような作りで紹介されている。ちなみに組織沿革によると、MNUは1965年に設立されたヘンダーソン・マニュファクチャリングという組織が元だったらしい。「誰が一体考えたんだ?」と思わずツッコみたくなるが、とても凝った作りになっているため、ついつい見入ってしまう。

映画自体もドキュメンタリー・タッチに作られているとあって、このMNUのHPもリアルさを追求しているのがよく分かる。こんな不思議な居住区が、ひょっとしたら世界のどこかにあるのでは?と思わせてくれる『第9地区』。まずは公式HPで、そのリアルな世界観を体感してみてはいかがだろう。

ちなみに隊員募集の受付は3月1日(月)までなので、入隊したい人は早めにチェックしておこう!【トライワークス】

関連作品

  • 第9地区

    3.6
    3
    「ロード・オブ・ザ・リング」のP・ジャクソン監督がプロデュースを務めるSF
    Amazon Prime Video