佐野勇斗、原作者の又吉直樹に褒められ「すごくうれしかったです」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2019/2/23 11:35

佐野勇斗、原作者の又吉直樹に褒められ「すごくうれしかったです」

お笑い芸人で芥川賞作家・又吉直樹が脚本を手掛けたミステリー映画『凜-りん-』の初日舞台挨拶が、2月23日にイオンシネマ板橋で開催。佐野勇斗、須賀健太、亀田侑樹、櫻井圭佑、金田哲(はんにゃ)、原作・脚本監修の又吉直樹、池田克彦監督が舞台挨拶に登壇した。又吉が佐野たちキャストについて「皆さんで良かったなと思います」と称えると、佐野や須賀は「すごくうれしかったです」と感激した。

ミステリーが大好きだという佐野は、今回のオファーをとても喜んだ。映画について「純粋にめちゃくちゃおもしろいという印象でした。実際皆さんのお芝居が集結して、めっちゃおもろいやんと。最後まで本当に見逃せないですよ」と映画をアピール。

又吉が本作を手掛けたのは10年前の28歳の時だそうで「お芝居として書いたものが、皆さんの身体を通したら、違ったものになった」と佐野たち若きキャストの魅力をアピールした。

07年に舞台化もされた同名作品を映画化した『凜-りん-』は、「百年に一度、笠を被ったバケモノが現れ、村から5人の子どもを連れ去る」という神隠しの伝説が残る村を舞台にしたミステリーだ。

又吉は当時やっていた舞台を振り返り「そのころはピースも6年目くらいであまり世に出ていませんでしたし、金田も一緒にやってました」と言うと、金田が「僕が2年目とかで。でも、28歳でこの作品を書いているからすごい」と改めて又吉の才能にうなった。

又吉は「村からから人がいなくなるミステリーはまだ続いてる。僕も綾部も(当時は)出ていましたが、消えてしまっている」と、海外にいる相方の綾部をいじると、金田が「いやいや」とツッコみ、会場は大爆笑となった。

取材・文/山崎 伸子

関連作品

  • 凜-りん-

    -
    29
    又吉直樹が舞台のために書き下ろした初長編作品を映画化する青春サスペンスストーリー
    Amazon Prime Video