阿部純子、桜色の和装で会場をくぎ付けに!「ロシアでの撮影はすごく新鮮でした」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2019/3/23 14:00

阿部純子、桜色の和装で会場をくぎ付けに!「ロシアでの撮影はすごく新鮮でした」

日露合作映画『ソローキンの見た桜』の公開記念舞台挨拶が、3月23日に角川シネマ有楽町で開催され、阿部純子、斎藤工ほか豪華キャストと、スタッフ陣が登壇。映画にちなみ、桜色の和装で登壇した阿部は「日本とロシアで楽しく撮影できたので、また皆さんとお会いできて、一緒に壇上に立ててうれしいです」と感無量の表情で挨拶をした。

日本とロシアの両方でロケを敢行した本作。阿部は「ロシアでは俳優の方は“芸術家”で、監督は“判断する人”ということで。どのシーンも俳優同士で話し合って、次に監督を交え、その次にスタッフさんと話し合うという形で、常に現場で意見を求められる毎日だったで、すごく新鮮でした」と撮影を振り返った。

舞台挨拶には、阿部、斎藤のほか、イッセー尾形、ロデオン・ガリュチェンコ、 アレクサンドル・ドモガロフ、井上雅貴監督、プロデューサーの井上イリーナも登壇。

斎藤は「井上監督とイリーナさんはご夫婦で、第三子がイリーナさんのお腹の中にいます」と監督夫妻を紹介。「日露の国際恋愛を描ける監督は井上監督しかいないと心から思いましたし、お二人こそ、『ソローキンの見た桜』のモデルというか、お二人だからこそ作ることができた映画だと思いました」と感慨深い表情を見せた。

続いて、ロシア人キャストを代表し、ソローキン役のガリュチェンコより、撮影監督が描いたというキャストの似顔絵を描いた色紙が、サプライズで阿部に贈呈された。阿部はロシア語の“ありがとう”である「スパシーバ」と礼を述べ「サプライズに慣れてないのでびっくりしました。本当にありがとうございます」と喜んだ。

『ソローキンの見た桜』は、日露戦争時代の松山をメイン舞台に、国境を越えた愛を紡ぎ上げた感動作。主演の阿部は、ロシア将校ソローキンと恋に落ちる武田ゆい役と、現代を生きる高宮桜子役の一人二役に挑んだ。

取材・文/山崎 伸子

関連作品

  • ソローキンの見た桜

    3.0
    15
    日露戦争下の愛媛県松山を舞台に日本人女性とロシア人捕虜が織り成す愛の物語を紡ぐ
    Amazon Prime Video