柳楽優弥、堤真一におねだり「ハグしてもらってもいいですか!」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

イベント 2019/6/15 14:21

柳楽優弥、堤真一におねだり「ハグしてもらってもいいですか!」

堤真一「なんでやねん!」と照れながらも柳楽優弥と熱い抱擁
堤真一「なんでやねん!」と照れながらも柳楽優弥と熱い抱擁

ベストセラー作家、重松清の同名短編を映画化した『泣くな赤鬼』の公開御礼舞台挨拶6月15日に新宿バルト9で開催され、堤真一、柳楽優弥、川栄李奈、竜星涼、堀家一希、武藤潤、兼重淳監督が登壇。堤と柳楽が“先生と生徒”という間柄を演じ、柳楽が「最高でした!」と感激の想いを吐露。「今日でこの作品(で会えるのが)、最後なんで。堤さん、ハグしてもらっていいですか」とおねだりして、「なんでやねん!」と照れ笑いの堤と熱い抱擁を交わした。

堤真一、柳楽優弥を抱きしめる!
堤真一、柳楽優弥を抱きしめる!

本作は、厳しくすることでしか教え子に向き合えなかった熱血教師の“赤鬼先生”(堤真一)と、余命宣告を受けた元生徒の斎藤(柳楽優弥)との絆を描く人間ドラマ。自身の出演している映画を観て初めて泣いたという堤は、「野球部の若い連中とずっと一緒にいて。いままで作り上げてきたものが、最終的にひとつの作品になるっていうことに感動した」と告白。「撮影は1年くらい前。昨年の暑い夏を改めて思いだして、若い人を交えてお仕事ができたこと。僕にとってもすごくいい経験で、成長することができたと思います」と特別な作品になったことを明かしていた。

『泣くな赤鬼』は公開中
『泣くな赤鬼』は公開中

またこの日は、“再会”がテーマとなる映画にちなみ、それぞれが「再会してみたい人」を発表することに。「中学生の時に野球部だった。野球部の監督がめちゃめちゃ怖かった。僕が演じた人どころではない。昔ですから、よく殴られた」という堤は、本作の脚本を読んだ時も「その先生をイメージしていた」という。「中学を卒業してから連絡をしていなかったけれど、この映画を観ていただきたいなと思っていたら、つい2か月前に亡くなってしまった。お会いしたかった」としみじみと語っていた。

恩師への想いを語った堤慎一
恩師への想いを語った堤慎一

柳楽も「中学生の時にサッカー部に入っていたんですが、先生がすごく厳しかった」と述懐。「その先生に会いたいですね。厳しかった人と、いまどんなふうに話せるのか。機会を見つけて会いに行きたいと思いました」と再会を楽しみにしていた。

また、柳楽演じる斎藤の妻役を演じた川栄は「この映画を観終わった後に、家族や友だちのありがたみをすごく感じた」と映画から温かさを受け取ったといい、「おじいちゃんとおばあちゃんに年に1回、会うか会わないかくらいなので、おじいちゃん、おばあちゃんに会いたい」と笑顔を見せていた。

笑顔で手を振った
笑顔で手を振った

取材・文/成田 おり枝

関連作品

  • 泣くな赤鬼

    3.6
    151
    教師と生徒を題材にした重松清の短編小説を堤真一×柳楽優弥×川栄李奈共演で映画化
    Amazon Prime Video