『ヘレディタリー/継承』監督最新作、“恐るべき祝祭”を描く『ミッドサマー』 来年2月に公開決定|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2019/10/9 7:00

『ヘレディタリー/継承』監督最新作、“恐るべき祝祭”を描く『ミッドサマー』 来年2月に公開決定

昨年公開され話題を呼んだ映画『ヘレディタリー/継承』のアリ・アスター監督最新作となる『Midsommar』が『ミッドサマー』の邦題で、2020年2月より公開されることが決定。さらに監督の初来日も決定した。

『ムーンライト』(17)、『レディ・バード』(18)など話題作を次々と世に贈りだしている、注目の映画スタジオA24が贈る前代未聞の“フェスティバル・スリラー”となる本作。家族を不慮の事故で失ったヒロインのダニーは、大学で民俗学を研究する恋人や友人たちと5人でスウェーデンの奥地で開かれる“90年に一度の祝祭”を訪れる。美しい花々が咲き乱れ太陽が沈まないその村は、優しい住人が陽気に歌い踊る楽園のように思えた。だが、次第に不穏な空気が漂い始めダニーの心はかき乱されていく。妄想、トラウマ、不安、恐怖、それは想像を絶する悪夢の始まりだった…。

本作を手掛けるアリ・アスター監督は、前作『ヘレディタリー/継承』が映画誌の年間ベスト作品にランクインするなど、世界の批評家たちを驚がくさせ“恐怖映画の新たな神”と評される映画監督。来年に予定されている初来日にも、期待が高まりそうだ。

さらに、11月2日に開催される「第32回東京国際映画祭」のオールナイト上映で、一夜限りの復活を遂げる「シン・ファンタ 復活!?東京国際ファンタスティック映画祭ナイト」のオープニング上映に本作が緊急決定。ホラーやスリラー映画のブームを牽引し、日本のアニメや香港・韓国・インド映画にもいち早く注目して来た「東京国際ファンタスティック映画祭」が、今回実に14年ぶりの復活。このオールナイト上映が本作のジャパンプレミアとなり、映画ファンは見逃せない一夜となりそうだ。

暗闇とは真逆の明るい祝祭を舞台に、天才的な発想と演出、そして全シーンが伏線となる緻密な脚本の展開に背筋が凍ること間違いなし。恐怖の歴史を覆す本作を、心して待ちたい!

文/富塚 沙羅


関連作品

  • へレディタリー/継承

    3.8
    58
    祖母の死を機に、残された家族を襲う残酷な運命と想像を絶する恐怖を描く米発ホラー
    Amazon Prime Video
  • レディ・バード

    3.8
    155
    ニューヨークの大学進学を夢見る田舎町の女子高生を描いた人間ドラマ
    Amazon Prime Video
  • ムーンライト

    3.7
    240
    マイアミを舞台に、自分のアイデンティティを探す少年の成長が描かれる
    Amazon Prime Video Netflix