”大泉洋が主人公”の小説『騙し絵の牙』が大泉洋×吉田大八監督で映画化!松岡茉優、佐藤浩市も参戦|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2019/10/30 6:00

”大泉洋が主人公”の小説『騙し絵の牙』が大泉洋×吉田大八監督で映画化!松岡茉優、佐藤浩市も参戦

累計発行部数50万部突破し、映画化も決定したミステリー小説「罪の声」の著者である塩田武士が、『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』(18)やテレビドラマ「ノーサイド・ゲーム」など数々の作品に出演する大泉洋を主人公のモチーフとして執筆したことで話題を呼んだ同名小説を、主演に大泉洋を迎え映画化した『騙し絵の牙』が2020年6月に公開されることが決定した。

かねてからの出版不況、創業一族の社長が急逝、次期社長を巡っての権力争い、専務の東松が進める大改革により雑誌が次々と廃刊のピンチに立たされるなど、激震が走る大手出版社「薫風社」のお荷物雑誌「トリニティ」で編集長を務める変わり者の速水は、無理難題を押し付けられて窮地に追い込まれることに。しかし、一見頼りなく見える速水はとんでもない“牙”を秘めていた。嘘、裏切り、リーク、告発、クセモノ揃いの上層部や作家、同僚たちの陰謀が渦巻くなか、速水は新人編集者の高野を巻き込み、生き残りを賭けた“大逆転”の奇策に打ってでる…。

ひょうひょうとした性格と軽妙なトークをみせる一方で、本当の顔を裏に隠す主人公の速水役を人気俳優の大泉洋が演じる。大泉は本作の出演に対し、「とりあえず別の俳優さんに役を奪われなくて良かったと、ホッとしております(笑)」と笑いを込めた喜びのコメントを寄せている。また、速水の策略に巻き込まれるヒロインの高野役には、第71回カンヌ国際映画祭の最高賞パルムドールに輝いた『万引き家族』(18)に出演し、本作で大泉と映画初共演を果たす実力派女優の松岡茉優、次期社長候補のライバルたちを蹴落として改革を容赦なく断行する出版社の重役である東松役として、『64-ロクヨン- 前編』(16)で第40回日本アカデミー賞最優秀主演男優賞を受賞した佐藤浩市が演じるなど、共演に豪華俳優陣も集結した。佐藤は「突っ走り続ける大泉洋を間近で見るのを楽しみに現場に行かせてもらいます」と『こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話』以来の共演に心弾ませていることを語り、同じく松岡も「憧れの先輩方との共演に胸を躍らせながら日々過ごしていけたらと思います」と共演へのはやる気持ちが抑えきれないことを語った

そして、本作のメガホンを取るのは『桐島、部活やめるってよ』(12)で第36回日本アカデミー賞最優秀作品賞および最優秀監督賞を受賞し、『紙の月』(14)で第38回日本アカデミー賞優秀監督賞を受賞した吉田大八監督。『天空の蜂』(15)の脚本家である楠野一郎と共に吉田監督自ら脚本も手掛けるなど、一流スタッフ陣が本作の逆転劇を描いていく。

はたして、大泉、松岡、佐藤は本作でどんな掛け合いをみせるのか。組織とのスリリングな攻防、斜陽の出版業界で繰り広げられる仁義なき騙し合い合戦が待ち受ける大逆転ストーリーに期待せずにはいられない!