レディー・ガガの“生肉ドレス”を作ったスタイリスト「マイリー・サイラスと仕事がしたい」|最新の映画ニュースならMOVIE WALKER PRESS
MENU

映画ニュース 2013/10/21 14:22

レディー・ガガの“生肉ドレス”を作ったスタイリスト「マイリー・サイラスと仕事がしたい」

かの有名な生肉ドレスなどをプロデュースしてきたレディー・ガガの元スタイリスト、ニコラ・フォルミケッティが、マイリー・サイラスと一緒に仕事がしたいと発言している。

ディーゼルのアーティスティック・ディレクターを務めるニコラは、次にスタイリングをしてみたいセレブはマイリーだという。

「僕はマイリーが大好き。彼女はとてもクールだと思う。人の目なんて気にしていないから。自分のやりたいようにやっている綺麗な女の子だと思う。彼女と一緒に仕事がしたい。たぶん、僕は大変な女の子ばかりターゲットにしているのかもしれない。風変わりな人たちさ!風変わりで個性的な人たちと仕事をするのが好きなんだ」と英誌グラツィアに語っている。

5年間レディー・ガガのスタイリストを務めたニコラは、大物セレブたちのレッドカーペット用のスタイリストになるつもりはないそうで、その理由は、衣装のチョイスの幅が狭く、コンサバでつまらないからだという。「僕は女優とは仕事したくない。女優はリスクを取らないから。彼女たちはただ普通でいたいのさ。でも、僕は人とは違うものがやりたい。ガガは異色だった。毎日が劇場のようで、いつも着替えていた。僕は、自分の考え方を持っている子が好きなんだ」と話している。【UK在住/ブレイディみかこ】

関連記事